岩セッション in 小川山


e0329049_21503415.jpeg


登ってきました、ひっさしぶりの小川山!








再び岩に登ると言うなら語らねばなるまい…




今でこそこのブログはハイクとトレランの事しか書いてないけど遡ればチラホラと岩の記事も書いてある。でもこのブログの前に書いていた同じタイトルのブログはほぼ岩の事しか書いてなかった(絵文字全開のキモいブログなので抹消したいがw)


だけど2012年頃からハイクに傾倒してしまいだんだんとクライミング熱が冷めていき2013年、忘れもしない瑞牆での大怪我〜からの手術。それでも回復してジムは行っていたけど2016年、職場の土石流被害(ニュースでインタビューされるくらいのレベル)でそれどころではなくなりストレスから晩酌を覚え、再開した頃には登れなくなりジムから足が遠のき…。


気付けば1年8ヶ月。あれだけ熱中していたのに完全に登らなくなっていた。年始の北山公園では登ったけどまぁ酷いもので…。


もう二度とやる事もないかな?って思っていたけど今回、ハギーさんにみんなで小川山で登ってキャンプしましょう!って声掛けてもらった。

非クライマーの男長と共にグンマーズとして呼ばれてるので半ば宴会要員でしょ、夜がんばればいいんじゃない?
いやいや、せっかくの機会だ、本番まではまだ1ヶ月ちょいあるし試しにジムに通ってみた方がいいんじゃないか?多少登れるようになって行った方がセッション出来て楽しいに決まってる。
嫁も行ってきなよ!みんな喜ぶんじゃない?って背中を押してくれたし、まるで初めての時のような緊張感でウォールストリートに向かった…


あまりに久しぶりに現れた僕を見てかつての仲間達はみんな二度見w でも懐かしいこの感じ、月並みながら帰ってきた感あるわwww


まぁ肝心の登りの方は酷いを通り越して惨いレベル。あれだけガシガシ登っていたのに何も出来ない。後ろで見てる他の客から「マジあいつクソ弱ーなwww」って思われてるんじゃないかってくらいクソ弱い。耳カス、鼻クソ…いや、歯クソ以下だ。もはやそう、チンカスクソ野郎だ。自業自得とはいえ嫌になるorz


でも本番までは意識高く週2で来ないとな。そもそもフリーパス買っちゃったし。


…で、最終的に2級位なら登れる位までは戻せた訳だ。もちろんドッ被りはキツいけどそんなの多分岩場でもやらないだろう(実際はやったw)。基本、ムーブは起こせるが繋げられない感じか。持久力と保持力がウンコ状態という訳だな。よし、上等じゃないか!目標は1級を登る事にしよう!!セッション効果あって課題を選べばやれるはずさw




さて本番は11月23〜25日の3連休。僕は昼間用事があったので23日の夜から合流した。そもそもこのオザワもビックリのベイビースキンが3日間ももつわけないw


ほぼ初めましてのメンバーだけどインスタで繋がってる人達なので問題無し。でもミツ君とタッシーの登場には正直ホッとした。いかんせん極度の人見知りなのでw


初日は三鷹市自然の森って宿泊施設。このクォリティで2食付いて4000円は安い。飯も美味かったし。




e0329049_22302011.jpeg


倒したらウィスキーを一気飲みと言う罰ゲーム付きジェンガで盛り上がるアツい夜。8本用意したビールは残り1本まで減っていたw




e0329049_22322174.jpeg


腕相撲もね!腕相撲と言えばここ一年、クライミングに復帰したフクダさん、握力が120kg近くあるそうな…。恐ろしや〜林檎握りつぶしてもらいたい!




e0329049_22352264.jpeg


なーんか微妙に頭痛いけど気のせいだな!朝飯食べてボマさんとキョーヘイ君との待ち合わせ場所のナナーズへ。




e0329049_22361314.jpeg


ボマさん、6時間以上かけて関西から来たそうな。ご苦労様です!ここで小川山と瑞牆組に別れて移動。僕はユルフワな小川山ではなく瑞牆へ。瑞牆組はClimb Headsのハンハン君、憧れのヤナパイセン、若手の強者サブローちゃん、モチベーションの鬼ミホちゃん、それに日和った僕を加えた5人。そう、このメンバーとはいつか一緒に登りたいなと思っていたし今回もっとも楽しみにしていたんだよな。なので小川山は明日!




e0329049_21500923.jpeg


いやーマジで久しぶりだな!ここに来たの2013年11月以来!なので5年ぶり!!当時は毎週のように来てたのに。あの大怪我以来の岩登りとしての瑞牆なのでなんだか感慨深い。



とりあえずお決まりのガリガリ君でアップを済ませ、僕とミホちゃんで光合成(初段)から。はるか昔に敗退した記憶あるが今回はカンニングしてるしね。当時は誰も登ってないらしく某動画投稿サイトにもアップされてなかった。

結果、圧倒的な敗退!そもそも指が返せない。みんな立ち上がる勢いで指を返してるみたいだけど一度張り付いてから返すのは果てしなく厳しいな。


2人仲良く敗退し次はヤナパイセンとガリガリ君の上にある無名の初段へ。




e0329049_23074929.jpeg


ヤナパイセンとセッション出来るなんて感慨深いぜ!こんな時が来るなんて。




e0329049_23084148.jpeg


無名なのが勿体ない、いい感じの課題でした。が、ムーブバラせて繋がらず。核心は出来たので悔しいけどな〜仕方ない。



次はメンズ4人で先住岩の上にあるハイボール。あ、あの俺ハイボールはやるつもりなかったんすけど…w




e0329049_23121748.jpeg


ってかこれ某動画投稿サイトで見たことあったなー。ポケットが斜めにビッと繋がって途中からスラブって感じ。恐ろしく縁の立ったインカットポケットでふい落ちして指残置したら大変なことになるだろう。




e0329049_23204104.jpeg


サブローちゃんがアッサリと上部に到達したがスラブに何もないらしくモジモジしている。そのまま登ってしまったが、やけに落ち着いてるなと思ったら彼はヘブンズゲートも登ってるらしいじゃないか!そりゃあメンタル強いわw


まぁ僕は途中でやめときました。前なら100%突っ込んだけど今回はそういうのじゃないしこれだけブランクあってこの高さに突っ込んじゃダメでしょ。




e0329049_23293031.jpeg


次は正面の初/二段。これは被っててダメだー。核心であろうクロスでアローン状態orz マジでクソ弱いなー俺って。




e0329049_23260635.jpeg


ヤナパイセンはクロス止めて生ビールの権利ゲット!今日一湧いた!!




e0329049_23281698.jpeg


最後にサブローちゃんの千里眼(二段)を見学して撤収。何も登れなかったけど5年ぶりの瑞牆はクッソ楽しかった〜




e0329049_23305826.jpeg


夜は廻り目平に移動して焚き火キャンプ。まぁ予想通りの展開になり…




e0329049_23321530.jpeg


皆さんに夜のスポットをしてもらう始末。まぁ宴会要員としての役割は果たしたかとwww




翌朝。




ビビィの中でシュラフに包まっている。????どうしてこうなってる????

ボマさんとトシ君の間で話してた後からまったく記憶がない。まず外に出てみる。まだ誰も起きていない。焚き火対策で着ていたN-1ジャケットのボタンまで閉まっていたから全裸になったわけではなさそうw


それにしても酷い二日酔いだ。とにかく鬼のように頭が痛い。燻った焚き火の横に空になったジムビームが見える。あぁ、あれが空いたのか…そりゃあこうなるわ…


みんな起きてきた頃には頭痛に加え吐き気が絶え間なくやってきていた。吐いても吐いても吐きたい。エンドレスに吐いていたい。そんな状態。ベースがトイレの側だったのは幸いだったのかもねw


何回めだろうか?トイレでオロロンしてると誰か入ってきた。とりあえずこのオロロンを聞かれるのは嫌だし「早く出てってくれないか…我慢するのもキツいんだよ!」と思っていると僕の事をウブウブ呼び捨てにして誰かが喋っている。今回のメンバーで僕の事をウブと呼ぶ人はいない。

え〜俺っていないところじゃ呼び捨てにされてんのか〜なんか気不味いな〜でドアを開けるとそこにいたのはまさかのセキさんとチャンイケだった。今日、ユーホーが来る事は知っていたけどこの2人に会うとは!しかしタイミングが悪い。ゲロった直後だったし

「顔が土みてーな色してんな!ゾンビかよ!」

って言われちゃうし。


しかもその後ベースで寝てたらデラさん、林道でND君とMROK君にも会うしグンマークライマーめっちゃ来てるじゃない!上がるテンションとは裏腹にまったく二日酔いの症状が回復しないまま本日の登攀が始まる。




e0329049_00405579.jpeg


林の中でプーシェ(7級)でアップ。写真のクライマーは男長。今回のためにセールだったアナサジを買っての参加だ。さすがにセンスあるので初めての岩、しかもこの高さでもビビらず登ってた。まぁその後はグダグダだったけど真面目にやれば多分かなり強くなると思うんだけどなぁ。


ちなみにこのプーシェではタッシーが今日一の激アツトライで登ってた。あれだけ長く岩に張り付いてるの久しぶりに見たわw


半分ゾンビの自分はそこら辺の岩でアップを済ませ…と言っても着地の瞬間、自分の意思とは無関係に吐いてしまいそうなほど気持ち悪いし簡単なのやって暫くは傍観者と化すか…。




チャンイケとセキさんが夜明けまで(二段)にいたけど移動するみたい。セキさんは夜長(初段)をやるって言うのでついて行った。どうせ午前中は死んでるし小川山最難の初段と名高い夜長を見たかったんだよね。K大君は体感四段!と言っていたし…




e0329049_15483264.jpeg


件のスタート位置はおそらく両手サイドカチ、これで初段なんだろう。セキさんも離陸は出来るものの手は出せず。僕?あー離陸すら出来なかったけど?w


下の両手アンダーっぽいのでスタートするとヤバイな!体感四段とか言っていたし。これでなぜ浮けるのか…人間として何かを超越しないとこりゃあダメだ。




そのあと花豆(初段)をやるも左足を乗せられず想定内の敗退。マントル得意なのにそこまで辿り着けないっていう…クソだな〜俺。




e0329049_15491069.jpeg


セキさんと別れみんなで分岐岩。この岩で登るの何気にお初だ。まずは中央の3級から。これは得意のスラブなので集中して一撃ゲット。高いわ〜!でもスラブはおもしろいな、やっぱり。




e0329049_15503500.jpeg


お次は超有名なMNP(1級)。今回の目標が1級なのでコイツがメインターゲット。これが登れないと非常にマズイぞ…




e0329049_15492991.jpeg


と思いきや、2回目であっさりゲット。ジムっぽいムーブでまぁ得意なやつでした。しかし1ヶ月コソ練したせいか外でスタンダードな1級登れるくらいには戻せたか。俺もまだ完全に腐った訳じゃないようだなw


夜長に敗退したセキさんが来て分岐岩中央をサワサワし始めた。

「俺一撃っすから!」

とプレッシャーをかけ…たせいなのかどうか分からんけど猫パン敗退したのでそのまま撤収。セキさん級のクライマーでも油断すると敗退するくらいソリッドな課題なんだな。それを一撃した俺ってスゲーんじゃね!?…という、たかが3級で天狗になってる自分はビチクソクライマーだなぁと思った次第www



16時過ぎに皆さんと解散。僕はせっかくなのでグンマークライマーが集結してる縦ダイク(初段)までひとっ走り(マジRUN)。

冬の日(四段)に敗退したユーホーとも合流。トライしてるの見たかったけどね〜。まぁ毎年シーズン最初のトライが1番いいらしいし来年はその時に俺とオザワで…もとい、ジャイアンとスネ夫で応援してやろう。これで120%登ったも同然だなw




で、結局誰も登れず久しぶりのストローハットでステーキ丼食ってグンマーにも帰った。ってか登れないのは最後にやったからだと思うんだけど…。でも縦ダイクは個人的にやってみたい課題No,1だし次は僕もやろうと思う。




なんか思いがけず色々あって半端なく充実した3日間でした。色々あったけど総括するとただ一つ。


やっぱりクライミングっておもしれーな!なんでこんなにサボってたんだろ?いや、むしろ半分引退してたんだろ?バカじゃねーの?酒飲んでチョコばっか食ってんじゃねぇよ!!いいから登れよクソ野郎!!!!


って感じっすかね。とにかく楽しくてジム通いはまた続けようと思った次第。岩も前ほどじゃなくてもちょこちょこ行こうかなと。まぁ二段くらいは登りたいですからねー。


一度は地の底まで落ちたモチベーションを上げてくれた皆さんとグンマーの仲間達にマジで感謝!とりあえずまずはいい身体を取り戻すことからだな。これ書きながらビール飲んでるけどwwwwww




最後に。


e0329049_15511092.jpeg


今回はやはり Climb Heads のマットが揃っていた。元ハイカーのハンハン君のアイデアが詰まったこのパッド、実に使い勝手が良さそうだった。Moonのパッドを使っていると〜というか大半のパッドは折る→間に荷物を挟むって感じだろう。でも Climb Heads のパッドは写真のようにパッドの外側に別売りのケースを外付け出来る。これって絶対に使い易いはず!マットに挟むと食べ物が潰れるし。


当時めちゃクソ撤収の遅かったロックマンがもし使っていたら俺たちの心労もさぞ減っただろうに。すでに3枚もパッド持っているので再購入は無いけど正直言って欲くなってしまったw




e0329049_15512079.jpeg


やっぱりカッコいいな!カラーオーダー出来るしね。グンマーの誰か買ってくれないかな?




e0329049_15521712.jpeg


いやーハギーさん誘ってくれて本当にありがとう!次はグンマーツアーと関西ツアーでw


おしまい。


















by gyalic_18000 | 2018-11-26 21:46 | 岩 県外 | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31