下ノ廊下と湯治の旅 


e0329049_22194882.jpeg


念願の下ノ廊下を歩いてきた。








下ノ廊下といえばここ数年行きたくて行きたくて仕方なかったルート。でも同じく思いを馳せていた男長が休めなかったり天気が悪かったりで流れ続けていた。そんな流れに嫌気がさし、去年は男長を無視してw 予定を立てるも台風直撃でアウト。一応は信濃大町まで行ったもののただ観光して帰ってきたっていう...


なので今年こそは!って思いは強い。男長には7月の段階で行く日を伝え仕事休めよ!ダメなら行っちゃうからな!と伝えておいた。そう、もう天気が悪かろうが人でごった返そうが絶対に行く気でいたのだ。そんな僕らの強い思いとは裏腹にまたしてもピンポイントで雨予報...

でもそんなことはどうでもいい。天気悪ければそれだけハイカーも少ないって事だ。濡れてても気を付けて歩けばいい訳だし。いつもなら雨予報なら即中止か飲みに行くパターンだけど、今回は稜線の開けた景色ではなく深い黒部の渓谷美を見に行くわけだから雨に対してすぐナーバス感出していく僕らとは違いますよwww




さて、前置きはこれくらいにして今回僕らがとった行動から説明しようかなと。

まず下ノ廊下ってのは基本的にワンウェイになるので駐車場に戻ってこなければならない。その手段として信濃大町駅に車を停めてバスで扇沢、トロリーバスで黒部ダム、下ノ廊下を歩いて欅平からトロッコ列車、宇奈月温泉から特急→新幹線→鈍行で信濃大町に戻ってくる予定だった。金額は約12000円。しかも急いでも信濃大町に着くのは17時半前orz

ネックなのはやはり帰りの時間。それとバスで扇沢って事はトロリーバスのチケット販売渋滞に間違いなく巻き込まれるだろう。そうするとトロリーの先頭に乗れない→黒部ダムで出遅れる→激混みの下ノ廊下でハイカーを追い抜けない→阿曽原温泉に遅れて到着してテントが張れず...。これはハッキリいって勘弁だ。

それなら今回は男長いるし車の回送サービスを使えばいいんじゃないか?アルペンキャリーサービスという回送業者に頼むと扇沢~宇奈月温泉でP代込21000円。二人で割れば10500円だ。そこにトロリーバス&トロッコ電車の代金足して一人14000円くらい。2000円高くなるが、宇奈月についてそのまま車で帰れるし着替えなんかも持っていく必要が無くなる。それに扇沢の駐車場は確保されているし朝一でトロリーバスのチケット販売に並べる。つまり先手を取れるって訳だ。考えるまでもない、コッチでしょ!

ちなみにこのアルペンキャリーサービス、今までは扇沢~立山のバカ高い回送費用しか見てなかったんで興味も無かったんだけど、今回の扇沢~宇奈月のほかにも北アルプスのトレッキングに特化した回送サービスもしてくれるみたい。いつか利用することがあるかもしれない。詳しくはHPをチェケ!




さて本題に入りましょうw


深夜、扇沢に到着すると予報通りまぁまぁの雨。1本飲んで仮眠するも雨脚は強くなる一方...。この雨の中歩くのは嫌だなぁ~。覚悟はしてきたけど嫌な物は嫌だし。


周りがにわかにざわつき始めた5時半起床。すでにスタンバっていたアルペンキャリーサービスのオッちゃんにスペアキーと代金を渡す。宇奈月のどこに停めたかはSMSで知らせてくれるとの事。スペアキーの返却は...セキュリティーに関わることなので割愛w


雨は普通にシトシトしてる程度。それでも濡れるレベルなので最初から上下レインウェア着て出発。まさか買ってすぐに山と道のRain Hoodyを試すのに抜群のコンディションにぶつかるとはwww ちなみにパンツは前回の錫ヶ岳同様、ツギハギだらけのバーサライトパンツっす。




e0329049_17585936.jpeg


久しぶりの扇沢!2015年の劔沢〜五色ヶ原以来かな。




e0329049_18002075.jpeg


降水確率100%の恩恵?なのかハイカーも観光客も疎ら。駐車場も普通に空いてるしチケットの行列が出来てるわけでもない。それを予想して6時半位から並んでたんだけど全然余裕でしたw


7時半の始発、しかも先頭車両に乗り込めて僕らの準備はOK。




e0329049_18031498.jpeg


トロリーバス組の先頭をゲット!これで先行してるのは前日にロッジくろよんに泊まった人達だけなので歩行に影響は無いはずだ。思った通り先手を取れたw




e0329049_18045873.jpeg


e0329049_18052267.jpeg


想定外の放水まで!もっとゆっくり眺めたかったけど目の前のグループをさっさと交わしたくてスルーw



さて、ここからまずは内蔵助谷出合いまで。ここはすでに歩いた事があるが…




e0329049_18075452.jpeg


e0329049_18084126.jpeg


e0329049_18152250.jpeg


紅葉が圧巻!!多分この週末が最盛期だったんだろう、燃えるような紅葉は雨に濡れてさらに色彩をクッキリと浮かび上がらせ、それはもう素晴らしい景色を作り出していた。




e0329049_18103612.jpeg


男長も御満悦www



ここからは未踏の区間が始まります。ただ、景色はとんでもなくヤバかったんだけど、写真が似たようなのばかりでどれがどこだったのかよく覚えてませんorz

なので個人的にいいと思ったのをあげる事にしよう。下ノ廊下感ってやつを少しでも感じてもらえればw




e0329049_18141147.jpeg


e0329049_18144734.jpeg


e0329049_18155247.jpeg


e0329049_18163249.jpeg


e0329049_18213515.jpeg


e0329049_18221953.jpeg


e0329049_18255400.jpeg


e0329049_18262582.jpeg


e0329049_18292060.jpeg


e0329049_18294924.jpeg


e0329049_18303514.jpeg


e0329049_18313606.jpeg


e0329049_18320865.jpeg


e0329049_18332405.jpeg


e0329049_18340359.jpeg


ここまでで内蔵助谷〜黒部別山谷です。なんと言っても参るのは雨でしょう。強めに降ったりたまに止んだり。まだ慣れてないせいか濡れた岩の上に足を置くのは緊張するし、写真のハシゴ、これがまた滑るんだよな〜。でもまぁ危険なところには番線が張ってあるので問題はない。でも落ちたら……ブルブル!





e0329049_18490737.jpeg


e0329049_18495093.jpeg


e0329049_18502471.jpeg


e0329049_18510103.jpeg


e0329049_18512968.jpeg


e0329049_18515931.jpeg


e0329049_18525830.jpeg


e0329049_18534960.jpeg


e0329049_18541431.jpeg


この辺りは白竜峡。もうここまで来ると先に出たハイカーは完全に追い抜いているので周りに人はいなくてゆっくり写真撮りながらキャッキャしていた。このロケーションは40手前のおっさんを少年にしてしまう何かがありますねwww




e0329049_19391054.jpeg


e0329049_19405182.jpeg


e0329049_19421285.jpeg


また黒部川がはるか下になりつつ…




e0329049_19451633.jpeg


有名な十字峡に到達。ここ結構雨が強くて…




e0329049_19463728.jpeg


吊り橋の上で両手フリーにして写真撮るの実は怖かった。iPhone落としたらアウトだし。




e0329049_19480457.jpeg


e0329049_19483326.jpeg


e0329049_19491574.jpeg


半月峡、S字峡の辺りは初日の高度感MAXセクションだ。落ちたらただでは済まない…というより確実に死ぬ!黒部にケガ人無しの意味がよく分かる。




e0329049_19540303.jpeg


絶対に避けて通れぬ濡れるポイントw 如何に雨に濡れてるとはいえ滝の直撃はキツいww




e0329049_19563993.jpeg


ん?あれは…




e0329049_19572196.jpeg


ついに御対面、黒四発電所!山の中に突如現れる建造物の迫力がハンパない!!

ここからはダム好きの自分には堪らない見所が続きますw




e0329049_20031042.jpeg


e0329049_20035746.jpeg


e0329049_20050318.jpeg


e0329049_20065386.jpeg


e0329049_20072155.jpeg


仙人谷ダム!この歩いてこないと見ることの出来ないダムを見るのが下ノ廊下を歩く目的のひとつだった。




e0329049_20061444.jpeg


ワクワクしてキッズのようになってしまう自分www




e0329049_20101355.jpeg


トレイルはこのダム管理施設の中に続いています。




e0329049_20105280.jpeg


長いトンネルを歩くと…




e0329049_20112499.jpeg


高熱隧道。その名の通りトンネル内は熱気ムンムンだ。関電専用鉄道の線路が走っているが残念、電車は通らなかった。ここは2024年を目処に欅平から黒部ダムまで一般開放されるみたい。そうなったら是非訪れたいものだ。




e0329049_20181105.jpeg


関電宿舎からはこの日唯一の急登。ここまでかなりの距離を歩いてきてるのでこの登りはなかなかエグい。男長は風邪気味でかなりやられていた。でもあと少しで温泉入れるぜ!w




e0329049_20204512.jpeg


黒部ダムから5時間半、やっと阿曽原温泉に着いた。でも見てください、このテントの少なさ!この天気だ、混雑はしないと思っていたけどここまでとはw


テントの受付に入浴料、しめて1500円払ってテン場へ。ここにきて雨は強くなり…ってか移動中よりもテン場に着いてからの方が本降りになってしまった。良かったのか悪かったのか…orz




e0329049_20251690.jpeg


とりあえず無事に辿り着けたし1本やりましょう!!


テントを設営して人もいないので、ちょうど男子の入浴時間になったばかりだし冷えた体を温めに露天風呂へ。そう、湯治なんだから風呂入らなきゃ始まらないよねw

ちなみに風呂は1時間おきに男女が入れ替わるシステム。20時以降は混浴です♡




e0329049_20303483.jpeg


そこそこ広い湯船で着替えは奥の湯気が出てるトンネルの中。トンネルの中はサウナ状態でかなり熱い!




e0329049_20331785.jpeg


湯温は適温で男長の表情を見てもらえば分かる通りめちゃくちゃ気持ちがいい!しかも貸切!!これが晴れていれば芋洗い状態なんだというから雨もまた良しだw




e0329049_20352392.jpeg


風呂上がりに小屋下の物置の使用許可をいただいたのでここで廃墟感溢れる宴会をw だって雨がすごくてテント内じゃ飲みたくない…




e0329049_20365061.jpeg


2人だけなのでもちろん乾物クソ野郎スタイル。ビール高いので担いできたけどエチゴビールのRISE UP IPA 美味いな!!これが近所で買える幸せ。沼田市も整ってきたわwww




17時くらいにお開きにして、このあとは各々ソロプレイ。僕は18時台にもう一度風呂に入り、夕飯を食べて22時くらいにもう一度入ろうとするもそのまま寝落ち。

北アルプスは大荒れで稜線では雪〜なんて予報だったけどそこまで気温も落ちずダウンバッグとアルファアノラックで快眠していた。

3時に目が覚めたので朝風呂を決めに行ったら先客がいたのにはビックリした。朝早いのによくやるな〜と思ったけど俺も一緒かw





翌朝。




男長に話を聞くと湯治に来たはずなのにまさかの風邪をぶり返すというorz いや、胃が痛いとか言っていたからもはや風邪ではないな。さっさと検査に行ってほしいものだ。最近の体調を見てるとさすがに心配だ。




e0329049_20443411.jpeg


朝方風呂行った時も満天の星空だったから分かっちゃいたけど雨は上がっていた。男長の体調がかなり芳しくないので降ってないだけでありがたい。


11時には欅平駅に着きたいので6時過ぎに阿曽原温泉を出発。いきなりの登りにバディは完全にやられていた…




e0329049_20470015.jpeg


阿曽原温泉のロケーション。まぁ秘境で秘湯だよなw




e0329049_20474320.jpeg


奥の方に見えるのは爺ヶ岳の辺りかな?鹿島槍ヶ岳方面の稜線も見えていた。




e0329049_20491897.jpeg


2日目の見所その1、堰堤内のトンネル。水が冷たくてすべてびしょ濡れ。参ったorz




e0329049_20510241.jpeg


e0329049_20512508.jpeg


e0329049_20515402.jpeg


高度感は前日の比じゃない!黒部川までは余裕で100m以上ある。場所によってはさすがにお尻がキュン!としたけど感覚が麻痺ってきてたのも事実。こういう怖いのが延々と続くと麻痺って油断するし気を付けないとですね〜




e0329049_20470119.jpeg


e0329049_20473577.jpeg


見所その2、水平歩道。言われてみれば確かに水平である。結構有名だし感動するのかなと思いきやもっと凄いの見てきたのでそこまでテンション上がらずw




e0329049_20514793.jpeg


見所その3、志合谷のトンネル。中は真っ暗でヘッデン必須、足元は流水。さて行きますか!




e0329049_20541197.jpeg


なんたるRPG感w これまた40手前のオッサンの少年心をくすぐってくる!150mって事だが実際は曲がりくねってもっと長く感じた。閉所恐怖症の人はキッツいだろうな…




e0329049_20572945.jpeg


遠く白馬の方が見える。稜線はうっすらと白くなっていて冬の訪れを感じた。正直、GPVでは剱岳付近は雪が降るっぽかったので下ノ廊下もみぞれか〜嫌だなって思っていたけどそこまで荒れなくて良かった。




e0329049_21011414.jpeg


長い水平歩道に少々ウンザリしてきた頃、激下りをこなして欅平駅に到着。男長がやられていたにも関わらず10時前に降りてこれた。朝はどうなることかと思ったけど無事にここまで来れてマジで良かったわ〜




e0329049_21071829.jpeg


で、いつも通り食欲が爆発したので立食い蕎麦やらいろいろいただきます!隣のQooゼリーは胃がやられて何も食べれない男長の物ですw バディの羨む視線をよそに僕は食べまくってやったよwww




e0329049_21115942.jpeg


トロッコ列車まで時間あるので散歩。観光客の多くは名剣温泉の方へ向かっていた。まぁ公共機関で信濃大町まで戻るなら時間があるので名剣温泉くらいには入っていこうと思っていたけど…。

個人的に今度ここに来るなら祖母谷でテント張って白馬か唐松に登るルートをとりたいと思っているので楽しみにとっておこうw




e0329049_21201146.jpeg


10:43発、宇奈月温泉行きのトロッコ列車に乗車!まだ早いせいか結構スカスカで横一列貸切だぜ!約1時間20分の電車旅、これが最後のハイライト!!




e0329049_21240088.jpeg


e0329049_21250250.jpeg


e0329049_21255655.jpeg


e0329049_21263027.jpeg


e0329049_21271345.jpeg


e0329049_21275715.jpeg


e0329049_21282532.jpeg


黒部峡谷鉄道は人気の観光電車。見所もいっぱいだ。疲れ果てていたけど眠りもせずに景色に釘付けw




e0329049_21295419.jpeg


なかでも黒部川には見るからにヤバそうなボルダーが大量に転がっていて興奮した。場所柄、降りて登りに行ける場所ではないので仕方ないけど勿体無いなぁ。下ノ廊下にもそこら中に転がっていたし。

あ、最近またジム通いしてます。なんと1年8ヶ月ぶり!登攀力は地の底まで落ちてるけど11月の3連休に激アツイベントあるのでそこまでには1級登れるくらいには戻すつもり!!




e0329049_21341897.jpeg


12時、宇奈月温泉に到着。こちらは天気が悪くて雨も降っていた。回送サービスにお願いした車は駅前のPに停めてあった。いや、ほんとお願いしてよかった!この後公共機関で…とか勘弁だわw




e0329049_21383148.jpeg


駅近くの湯めどころ宇奈月で風呂入って(500円でめちゃキレい)帰路に着いた。男長は助手席で完全にくたばっていたが、自分はしっかり好物の富山の鱒寿司を忘れずにw


そんな訳で予報よりも荒れず、人も少なく、良い温泉に入れて、最高の紅葉見れて大満足な2日間でした。男長の体調不良は想定外w だったけど事故無く行ってこれて良かった!




e0329049_21593790.jpeg


最後にこの間買ったばかりの山と道UL RAIN HOODY。冒頭に書いた通り性能を試すには最高のコンディション。初日はずーっと雨が降り続いていたが、浸水など全くなく蒸れもほぼ感じず。2日目は雨は降っていないがウィンドシェル代わりに着ていた。それでも欅平駅手前まで着続けて蒸れもなく快適でした。

オマケにこの時の山行ではないけど、昨日浅間山に走りに行った時、これまたウィンドシェル代わりに着ていたが蒸れ感は全くと言っていいほど感じなかった。前掛山付近は爆風で気温もかなり低かったが、着た瞬間に温かく風も通さなかった(それでも限界を超えて風が吹いたので寒かったけど)。

ジッパーの無いアノラックタイプで脱ぎ着は面倒だけど、これだけ蒸れないなら着続けられるので目を瞑れるでしょう。まぁ暑い時期は不快だと思うけど。



e0329049_21442604.jpeg


僕がレインウェアに求めるのはガッチガチの耐雨性能ではなく、ウィンドシェルとレインウェアの両方のいいとこ取りで且つ軽い。これに尽きる。レインウェアを新調したの4年ぶりだけど、正直レインウェアとウィンドシェル両方を持ち歩くのは面倒だと思っていつも1枚で済ませていた(それなのにウィンドシェルは5枚もあるアホorz)のでとてもいい買い物したと思っている。さすがに冬はアウトだと思うけど3シーズンはこれでOKですねw




e0329049_22141727.jpeg


最後は男長の空元気でおしまいw















Commented by ハル at 2018-11-05 18:38 x
写真綺麗!雨と紅葉、ガスも手伝って秘境感が際立ってますね
山行における事前調査にはいつも感心させられます~
Commented by gyalic_18000 at 2018-11-06 00:01
ハルさん↓
雨でしっとりしてたので晴れよりも綺麗だったんじゃないかって思ってます。
事前調査は…行き当たりばったりってのが嫌いなのでちゃんと調べていかないと気持ち悪いんですよね。つまりはビビりって事ですw
Commented by あゆむ at 2018-11-06 22:59 x
これもiphoneで撮影されているのですか?寒さで電源落ちたりしなかったですか?
Commented by gyalic_18000 at 2018-11-07 00:51
あゆむさん

今回はすべてiPhoneXSで撮りました。この時はそこまで気温が低くなかったので大丈夫でしたね。経験上、0度以上ならダウンしない気がします。冬は防水防塵防雪ケースでどこまでもつか試してみるつもりです。
by gyalic_18000 | 2018-11-04 22:22 | 北アルプス | Comments(4)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31