裏馬蹄形(仮)

e0329049_17025841.jpg


裏馬蹄形ってなんのこっちゃ…w









久しぶりに男長とサシでハイクに行ってきた。よく考えたら去年の妙義山以来でした!最近はなかなか2人で行く機会が無かったのでここはガッツリやろうと…。


天気予報とにらめっこして北アかな〜?とも思ったけど来週レースで長野に行くしね〜!って事で比較的天気が持ちそうな谷川界隈に行く事にした。


今回のルートは土樽から吾策新道で万太郎山に登り主脈縦走路をオキトマ方面へ。馬蹄形を時計回りに蓬ヒュッテまで行き蓬新道で土樽へ戻るってルート。

まぁこれをきれいに周ってるって安易な理由で「裏馬蹄形」なんて呼ぶことにした。はっきり言って何が「裏」なのかまーったくわかりませんw でも累積も距離もかなりあるし馬蹄形と行程のキツさはほぼ同じでしょう.。





e0329049_16170099.jpg

なかなかのロングルートなのでこれまた久しぶりの前泊。群馬は雨が降っていて終わってるな~って感じだったけど関越トンネルを抜けるとまさかの満天の星空が。これには驚いた!で、いつものようにしょうもない話をしつつ1時くらいにシュラフに潜り込んだ...。





翌朝。




e0329049_16180891.jpg

土樽にある安全登山の広場を5時過ぎにスタート。この時期にしてはすこぶる気温が低いが万太郎山までは標高差1300m強!どうせすぐに温まるだろう。





e0329049_16192065.jpg

しばらくは車道歩き。すでに稜線には日が当たっていてとてもきれいだ。きれいだけどこの距離で1300mUPかぁ...辛いだろうな~。実際、樹林帯の急登は信越五岳のエントリー関門を突破した男長の意識高めのペースに引っ張られついていくのがやっとでした。久しぶりに会話をする余裕もないペースでのっけからガクガクもんですわww


ちなみに信越はもちろん僕が男長のペーサーやりますよ。これ二人の目標だったので色々と頑張る予定っす!





e0329049_16200363.jpg

樹林帯が終わると後ろに足拍子岳が尖っています。この山はいつか登りたいんだけど積雪期限定なんだよな~しかも悪そうでなかなか足が向かない。





e0329049_16210429.jpg

井戸小屋沢ノ頭を過ぎるとこれがまた急な訳で...。万太郎山は男長の後ろの岩峰のさらに奥です。





e0329049_16285328.jpg

でもここまで登ってくると周りがガッツリ開けて確実に好展望だと分かるので足取りも軽くなる。ただ、急なんですよw





e0329049_16360079.jpg

e0329049_16330882.jpg

e0329049_16435454.jpg

土樽から2時間強で万太郎山に着いた。まず目に飛び込んできたのは群馬県側の広大な雲海だ。天気は悪いけどそれは雲の下の話で主脈稜線は雲の上。こんな規模の雲海を見たのはいつかの鳳凰三山以来か。谷川界隈は二人揃って御無沙汰だったのにいきなりこれですか~ほんとラッキーでしたw





e0329049_16263805.jpg

あまりに景色が良すぎて普段あまりやりたくないシャッター係りもやってしまうww




さて、ここまで登ってしまえばあとは快適な主脈縦走路をとことん楽しむことが出来る。万太郎の山頂で30分くらい休んでから進路は東へ。正直、エビス大黒ノ頭と仙ノ倉山が呼んでいたけどまたあとで戻ってこようw





e0329049_17052817.jpg

e0329049_17035213.jpg

うは~!これはたまらん!!ちょうど赤谷川源頭に雲が流れ込んできて幻想的な風景になってくれた。






e0329049_17021692.jpg

e0329049_00361019.jpeg

e0329049_17045222.jpg

e0329049_17043187.jpg

e0329049_17031446.jpg

e0329049_17054730.jpg

e0329049_16582533.jpg

程よい↑↓と左右でまったく違う景色を眺めながらの主脈稜線はとても気持ち良かった。谷川岳といえば恐ろしい程混んでるイメージしかないけれどオキトマ以外はハイカーも疎らでノーストレス。今回もほとんど人に会わず快適に進めました。あくまでオキトマ以外は!ですがwww






e0329049_16520834.jpg

肩の小屋でコーヒーブレイクを決め込むw 天気は最高だけど気温は結構低めだったので暖かいコーヒーが美味かった。






e0329049_17010071.jpg

コーヒーは美味かったが肩の小屋のトイレ!激しめの便意にやられていたので駆けこんだら見事にオツリをもらってしまった...。しかもおろしたてのTシャツに...。ツジオカさんに申し訳ない気持ちになったorz






e0329049_17065773.jpg

混んでるオキトマは完全にスルーしましょうw






e0329049_17033402.jpg

 他のハイカーの皆さんもせめて茂倉岳まで行けばいいのに。大して時間も掛からないし景色もいいしなにより空いてるし。毎度ここに来るともったいないな~と思ってしまう。






e0329049_17071592.jpg

e0329049_17093469.jpg

e0329049_16514628.jpg

やっぱり激混みの山頂を過ぎると最高ですね~。お昼近くなって気温がかなり高くなってきたけどここまで来ればあとは武能岳を登るのみ!





e0329049_17004027.jpg

武能岳で白毛門から馬蹄形を歩いているエマちゃんに会った。4泊くらいで群馬県境トレイルを歩くそうだ。今日は大障子避難小屋まで行くそうだけど久しぶりにキツそうな顔してたな~。しかも三坂峠~白砂山間はまだトレイルを切ってないはず。県境トレイル自体は8月11日に開通式やるみたいだけど今はどうなってるんでしょう?刈ってある可能性もあれば藪の可能性も。どっちにしてもタフなハイクになりそうだ。

(実際は天気の事もあって野反湖で終了したみたいです。やはり例の区間は藪だったみたいでさすがと言わざるを得ない!しかも女子一人!!俺なら家が恋しくて泣いてるwww)




e0329049_17001421.jpg

エマちゃんと別れ、俺たちは蓬峠へ。相変わらずのボルヴィック感!馬蹄形で一番きれいなのは七つ小屋山から武能岳の間でしょう。





e0329049_17082583.jpg

蓬ヒュッテでコーラを補給。よ~く考えたら俺この日コーラ3本目でしたwww





e0329049_17084689.jpg

あとは蓬新道を下るのみ!意外と長いし下の方は鬱蒼としてて気持ち悪いし面倒くさいし一気に走って下りた。まさか茂倉新道よりも長いとは思わなかった...



勝手に命名「裏馬蹄形」。23km強で累積約2100mくらい。行動時間は7時間くらいだけど本気で走ったのは武能岳からなのでこんなもんでしょう。次は完全ver.の平標新道in蓬新道outかな。信越までに一発やっときますか!





e0329049_17011640.jpg

まさかのおろしたその日に他人のオツリをもらってしまったatelierblurbottle ハイカーズT。友人であるツジオカさんの自信作なだけあって機能、シルエットともに素晴らしい。お盆の長期縦走もこれ着てけばOKですね。今年のは毛玉も出来にくいらしいのでガンガン荷物担いで山に着ていけるw




e0329049_23551199.jpeg

おしまい

























by gyalic_18000 | 2018-06-25 23:57 | 群馬の山 | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30