守門岳BC

e0329049_20003140.jpeg

念願だった冬季の守門岳へ。








東洋一の大雪庇が有名な冬季の守門岳。雪山を始めた時から行きたいなーとは思っていたけど、なかなかタイミングが合わずに行けずじまいだった。一昨年なんて登山口まで行ったのにクソ天気悪くて撤退したくらいだからな〜



今回行くにあたって入念に天気をチェックしていたんだけど、どう考えても快晴予報!期待は高鳴るばかりだw



前日に入広瀬の道の駅で軽い前夜祭。すでに気温が高く、この時期とは思えないくらい。

先週に続き、BCなのでキムラさんと。北関東同士、年が離れていても馬が合うので来シーズンはもっとスキルアップして行動の幅を広げましょう!なんて話をしてたんだけど、諸事情あってしばらく一緒に行けなくなってしまった…。これにはお互いに残念至極。ソロは絶対に嫌なので男長の成長を祈るばかりだな…



e0329049_20154238.jpeg

二分の除雪終了点に着いたら先客は5〜6台。一番奥には停められなかったが、いい位置に路駐出来たので良かった。ここは油断して遅く着くとかなり下の方に停めるハメになるからな〜



e0329049_20180071.jpeg

ここはのっけからシール装着で!前回の野反湖で懲りたのでありがたいw



e0329049_20204078.jpeg

7時前に出発。今年は1月末の寒波で降った以来、全然雪が降らないので少ないねーなんて話をしていたけどこっちは格が違いますね。3mは積もってそうだ。前日も降ったみたいだが表面に10cm強ってとこか。



e0329049_20273598.jpeg

e0329049_20281974.jpeg

スタートしてすぐにスキーを外さないとヤバい斜面が出てきて難儀したが、そのあとは何事もなく稜線へ。振り返るとこの景色っていうのが越後の山の素晴らしさ!!



e0329049_20325735.jpeg

本日の目的地、守門大岳。すでに何人か張り付いてるのが見えます。ちなみにこの辺りでビンディングのヒールサポートの調子が悪くなり参った…orz



e0329049_20363149.jpeg

保久礼小屋もガッツリ埋まってます。ここからはひたすら登りなので小休止。スキーで登ると他のスキーヤーと話す機会も多くなり楽しい。地元の人ならコアな情報も教えてくれそうだしw



e0329049_20403353.jpeg

樹林帯を抜けると一気に風が強くなり、さっきまでの穏やかなのが嘘のよう。斜度はキツくなりクラストした雪でクッソビギナーの僕らでは歩行にかなり気を遣う。



e0329049_20435690.jpeg

でも振り返ればこの景色!!



この辺りで休憩していると山と道アルファアノラックにnorthern litesのスノーシューを履いたULハイカーが降りてきた。新潟のnkmrさん。インスタでフォローしてもらっていて、しかも去年の裏越後のテン場で黄色のクフいるなーって思っていたけどまさにその人でしたw

このブログも読んでもらってるみたいでありがたいです。是非一緒に山行きましょう!新潟の山はまだまだ行きたいところだらけなんでww



e0329049_20552768.jpeg

山頂まではあと少し!



e0329049_21454289.jpeg

着きました。今まで来れなかった分、最高の景色!!



e0329049_21020647.jpeg

e0329049_21024618.jpeg

e0329049_21031096.jpeg

何も言えねぇな…



e0329049_21044116.jpeg

特に中津又の雪庇は凄かった。一番すごい時は10mくらいに育つらしいし、そりゃあみんな見に来るわけだ。



e0329049_21121020.jpeg

さて、袴岳へは行かないでここから滑走モード。かなりの爆風なのでシール飛ばされないように気を付けて準備します。僕らは完全ピストンだけど隣の沢に落とし込んでるベテランが何人かいてめちゃくちゃ気持ち良さそうだった。

一瞬、トレースを追えば何とかなるんじゃ!?って気持ちが揺らいだが、そういう事をしてしまうと死ぬので大人しく来た道を滑るorz



直下の斜面はクラストしてるし狭いし人も多いしで写真撮る余裕もなかった。ああいうのは難しい。経験が必要だと感じた。ゲレンデでガッツリやれても話は別だなーと。



e0329049_21150789.jpeg

これはようやくのツリーラン。でもすでに気温が上がりこの時点でストップスノー。ブレーキ掛かりまくりで超気持ちいい!ではなくて、気持ちいい!くらいw



あっという間に保久礼小屋まで降りてきた。ここからは板を担いで登り返し。



e0329049_21203141.jpeg

ほんと滑るとあっという間だ。本気で滑れば5分くらいでしょうw



e0329049_21215941.jpeg

谷に落とし込んでいった人のトレースらしきものが見えた。あとで地形図で確認してみたら「なるほど!」ってライン取り。気持ちよく滑るにはやはり勉強しなければ!



e0329049_21253719.jpeg

でも僕らは残念ながらこのトレースを追います。少しでもトレースを外そうものならすぐにブレーキ。春のストップスノー恐るべしw



e0329049_21274078.jpeg

それでも歩いて下るよりはるかに快適ww



e0329049_21291308.jpeg

お昼前には無事に戻ってこれた。やはり路駐半端ない!早めに出て正解だった。結構遅く出ていくスキーヤー多かったけどハイカーがいなくなった後にゆっくり堪能する気なのかな?それもまたいいなぁ。



下界は10℃超えてて完全に小春日和。シーズンの終わりは近づいている。それと同時に普通に山に行きたい欲もようやく出てきた。Snow Monkey終わったら山に飲みに行こw



e0329049_21390679.jpeg

おしまい













Commented by ナカムラ at 2018-03-11 16:07 x
触れていただいてありがとうございます!このブログのおかげで越後の山が好きになりました^ ^良ければお供させてください、置いてかれないように鍛えておきますw
Commented by gyalic_18000 at 2018-03-13 19:56
こんなブログでも誰かが特定のエリアを好きになるキッカケを与えられたのなら続けてきた甲斐があるってもんです。これからも細々とやっていくのでよろしくです!山ほんと行きましょうね\⍩⃞/!
by gyalic_18000 | 2018-03-05 19:59 | 新潟の山 | Comments(2)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31