厳冬期の野反湖へ

e0329049_19270600.jpeg

久しぶりに歩いてきた…







どうもご無沙汰しております。私、今シーズンの冬はスキーしかしてませんのでブログを書くネタもなかったのです。雪山?スノーシュー?それはなんですか??笑


…まさかここまで山に行かなくなるとは自分でも思わなかった。年始の伊吹山のあとは地元の水沢山に走りに行ったのみ。しかもビックリするくらい息が切れて山頂までのタイムの最低記録を更新してしまったし。まぁ好きな事やってるので満足してるんですけどねw



僕がスキーをやってるのは単純に楽しいのと、雪山でよく見かけるBCスキーヤーに憧れたから。特に後者はとても重要でその為に頑張って練習してると言っても過言ではない。毎週末、地元の仲間+男長とどこかに滑りに行き(地元特権で無料券、半額券を駆使して)、仕事が終わっては夜な夜なナイターに繰り出していたら…



e0329049_19491726.jpeg

いつの間にか目標にしていたゲレンデ30日を達成していたという。持ち帰れないICチップもあったけどしっかりやってやりました。10数年前にスキーの時が止まった自分としてはICチップのリフト券すらカルチャーショックだわw

ナイターのホーム、奥利根スノーパークに至ってはすでにシーズン券の値段に達してしまった!なので次からは毎回損する事になります…orz

来シーズンは早割で速攻シーズン券を買うつもりw



そんな感じでしばらくやり続けてたらまぁそこそこは滑れるようになった訳で、俄然BCに対しての興味が湧いてしまったわけです。しかも2月の大寒波でパウダー3日連続というアホをやってしまった位なので
外でのパウダーへの渇望たるや…



そんな熱い思いを方々でブチまけ続けてたら足利のキムラさんに行き着いた訳です。キムラさんとは今シーズンはゲレンデでも2回一緒に滑ってたのでレベル的に問題ない(昔スキーの1級を取ったくらい)のは分かっていたし、何よりもギアを揃えるスピード感!そしてギアに対する並々ならぬこだわり!!

合うんですよね〜これがwww



来シーズンに向けてまずは危険のないところでシール歩行の練習をしようとチョイスしたのが野反湖だったわけです。個人的にはグンマーで一番好きな場所だし、キムラさんも行ったことないみたいだし丁度いい。しかもアプローチは雪の積もった車道w


何よりも厳冬期の野反湖が見てみたかった。野反湖や草津の周辺をガイドしてる方のYouTubeを見たらその想いは一層強くなった。興味がある人はYouTubeで野反湖バックカントリーで検索だ!見てるだけでフィールドに繰り出したくなるはず!!



e0329049_20223898.jpeg

冬季閉鎖のゲート前で準備してて思った、

「道に雪がねぇぞ!?」

最初から雪を踏んで行くのかと思いきやまさかの展開に困惑した。スキーブーツでハイクアップはマジで勘弁してほしいが….



e0329049_20245432.jpeg

歩けど歩けど除雪済み。確かにあの寒波以降、まとまった雪が降ってないので仕方ないのか。でもこれじゃシール歩行の練習にならないので、スパトレイルでも走った作業道に入る事にした。こちらは車道をショートカットするように付いている道なのでもしかしたら…!淡い期待を抱き左へ入ると…



e0329049_20280836.jpeg

バッチリww


すぐに雪が付いていたので早速シールを装着して歩き始めた。



e0329049_20301544.jpeg

G3 SCALA SKIN

はじめてのシールはG3。BDやポモカなど他にも候補はあったが、よく読んでいるBC系のブログの方がこれだったので信頼の意味も込めてw


そしてはじめてのシール登攀、これヤバい!!まず思った以上にトラクションかかる。多少の斜面じゃピクリとも動かない。さらにヒールサポートが付いてるので歩行も楽。しかも腿を上げずに板をスライドさせつつ進むのでこれも楽。

そして浮力。これには感動した!この日の雪は標高が上がるにつれて空気を含んだパウダーでスノーシューなら膝下くらいは埋まるであろうコンディション。しかしスキーなら5cmくらいで済む!2人で感動したのは言うまでもないねw



e0329049_20453161.jpeg

誰もいない静かな雪の森は最高だなーやっぱり。使うギアは変われど、これだけは変わらない。



e0329049_20471090.jpeg

車道に出た。ここは除雪されていないのでしばらくは車道で。スキーのトレースは無いのでこの先に人がいる事はなさそうです。



e0329049_20490900.jpeg

途中のショートカットで少しロストしたけどすぐにリカバリー。ようやく景色が開けた。



e0329049_20503758.jpeg

売店が見えた!あの向こうには絶景が広がっている。ここは初めてのキムラさんに先頭を譲りますか!



e0329049_20523867.jpeg

ついに厳冬期の野反湖へ来る事が出来た。言わずもがな、素晴らしい。今までは漠然と綺麗だなーと思っていたけど、スキー目線で周りを見渡すと滑れそうなとこたくさんあるなーと。まぁまだ危ないので見るだけで。



e0329049_20543623.jpeg

八間山。山頂直下のバーンが滑れるらしい。


e0329049_20555768.jpeg

エビ山や三壁山から滑れるらしい。


どのルートも最終的には完全結氷した野反湖に滑り込むというたまらない展開になるみたい。来シーズンはやれる知識とスキルを手に入れて帰ってきたいなw



e0329049_20591722.jpeg

久しぶりの雪山コーラ最高!!



さて、感動してるのも束の間、予報よりも早く天気が崩れてきた。着いて10分、早速吹雪いてきたので次の目的に向けて車道をさらに進む。



e0329049_21024684.jpeg

せっかく来たので少しくらいは滑ろう!って事で車道から湖畔までの超ショートでブチかます。まぁここなら雪崩もないだろう。



e0329049_21071131.jpeg

湖畔までは2〜300mくらい?あっという間に終わってしまったけど最高に楽しかったな。これはハマるわ。もっと長い距離滑りたくなるw



e0329049_21142801.jpeg

この景色が見たかった。ここは凍った野反湖の上。あまりに湖感が無くて割れたら!?みたいな恐怖は一切無しw

爆風で吹雪いてて長居は無用、さっさと戻りましょう。



e0329049_21170280.jpeg

またシール付けるの面倒だし、あの斜面が風で雪が飛ばされて歩き易そうだからツボ足で〜なんて言ってたけど、無理でしたね。やはり面倒がらずにシール付けた方が圧倒的に早かったww



最後に目の前に現れた素晴らしい斜面を滑ろうか〜と思ったけど、吹雪だし、またシール付けて登るの嫌だし名残惜しかったけど諦めた。次に行った時はもっと素晴らしい斜面が待ってると言い聞かせてw



e0329049_21214717.jpeg

帰りはオール車道で。下りだから快適だぜ!なんて思っていたら噂のストップ雪に捕まって板が滑らない。僕のはこまめにワクシングしてるのでまだマシだったが、キムラさんはやっていなかったらしく、かなり苦戦していた。正直、ショートカットルートに入れば良かったと猛烈に後悔した。


挙句、万沢林道入口まで除雪してあったので、残りの3km程はスキーブーツで歩いて下山。ガッデム!!



なんにしても無事に行ってこれて良かった。懸念していたシール歩行も問題なく出来たし。今週末は守門岳で他のBCハイカーのおこぼれをもらいに行こうと思います。もちろん帰りはトレースを外さずに安全第一で!



最後に一応今シーズンの相棒を紹介。



e0329049_22051371.jpeg

久しぶりに買ったULじゃないバックパックはフルマークスオリジナルのPLUS ONE WORKS MAKIRI 25L。アバランチギア用コンパートメント付いてるしスキーを括り付けるのも楽だしとても使い易い。普通の雪山にも担げそう。見た目もシンプルでカッコいい!この先、泊まりで入るならOWNを担ぐ予定だけど、日帰りならこれだな。こんな時までULに拘っても腕が無いんだから枝に引っ掛けて破く、絶対w



e0329049_21331751.jpeg

BLASTRACK FARTHER


OGASAKAフリーライド部門のBLASTRACK。FARTHERはネットでの評価も高く、綺麗な質感のトップシートに思い切ったサイドの黄緑がお気に入り。センター92mmのセミファットだけどカービングしか乗ったことのない自分でもすんなりと乗れた。ノーズロッカーなのでパウダーも結構いける。テールも少しロッカーしてるのでスイッチもやれるけど、一度吹っ飛んでからは自粛気味w



e0329049_21404073.jpeg

MARKER F12 TOUR EPF


フレームツアービンディング。軽さと強度で考えたらこれだった。今回初めてウォークモードで歩いたけど特に重さは感じなかった。でも!テックピンにしなかった事への後悔はそれなりにあるという…。だって周りみんなテックピンだし。いつかは僕もG3 ION12を…!!

(ちなみに隣のFISCHERの板は男長の物。乗せてもらったけどかなりキレキレのカービングターンが出来る。男長は今これで練習中だ。早く上達してもらって一緒にBCに行きたいぜ!!)




e0329049_21450106.jpeg

OOPARTS search Air


GENから出てるこのブーツ、色もカッコいいしウォークモード付いてるし軽いし結構いいです。今のところ滑っていてダメだなーって点は無いけど、他のブーツを履いた事ないのでどこまでいいのかはよく分からない。インナーは熱成形で作っているのでフィット感は抜群で痛くない。しかし、あくまでアルペン規格ビンディングにしか使えないので先述のテックピンには対応していない。これに関しては互換性のあるブーツにしとけば良かったなと後悔してます。


とりあえず板以外はショップのお任せで揃えたので仕方ないが、買った時は知識もなかったのでこれまた仕方なかったかなーと。今なら全部自分の好きなので揃えますけどねw



とりあえず冬は岩のシーズンだぜ!って言ってた時代と同じ熱量をスキーに注いでます。まだまだシーズンオフには出来ないなw



e0329049_22043761.jpeg

久しぶりに歩いて筋肉痛になったのはここだけの話でw

おしまい







by gyalic_18000 | 2018-02-26 19:26 | 群馬の山 | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31