OMM JAPAN 野辺山

e0329049_21104385.jpeg

今年もOMM RACEに参加してきました。







毎年恒例のOMM。去年の信濃大町をゴールした時に

「来年は結果にコミットしようぜ!!」

って話になっていたので今回かなりやる気です。と言っても決してストレートに出ようってならないのがゆる〜い僕たち。あくまでスコアロングでいいとこ目指しちゃおうかなとw



e0329049_21154223.jpeg

練習は1週間前に上毛三山のひとつ、榛名山でやった1度だけ。ってか3回目ともなればやること同じ訳だし練習もクソもないでしょ。ウォッ地図でそこら中の地形図を見まくってる僕としてはそれが練習って事で。でもトレイルの無い山に入るのはやっぱり楽しいなw



というわけで本番を迎えた訳です。



こちとら前夜祭はどうでもいいのでいつも通り高崎でバディの男長を拾い、会場の滝沢牧場に着いたのは12:30頃。車の中でガーリックボーイズの

「あんた飛ばしすぎ」

で異様に盛り上がり(去年のキャンプファイアーの時と同じパターンw)ビールは3本空いた。いや、マジでスッポンポンでぶらり旅…からの正々堂々仁王立ちのくだりはヤバ過ぎるwww



雨の音で目が覚めて、あ〜土砂降りのOMMは嫌だなぁ…と思って凹みながら準備してたら止んでくれた。正確にはまだ降っていたけど天気は快復傾向。



受付を済ませてひと通り知り合いに挨拶済ませてスタート地点に向かいます。今回のスタート地点は会場から3.5kmも離れてるorz



e0329049_21313605.jpeg

この移動中はそれなりに降ってた。気温も結構低い。



e0329049_21330919.jpeg

途中から垂さん&高田さんペアと一緒に。この御二方はストレートAという今回から新設された最狂カテゴリーにエントリーしてる猛者。エントリー資格は去年までのストレートロング完走ってかなり高いハードルだ。高田さんはかな〜りナーバスだったけど…



e0329049_21380529.jpeg

タカさんペアにも遭遇!ちなみに僕らとタカさんペア、4人ともatelierbluebottleのPAC-Sのブラック。4人で写真撮れなかったのが悔やまれるな〜



そして8:30。ついにスタート。今回はどういうルートで周ったのか、ちゃんと詳しく書こうと思う。長い駄文が続くので悪しからずw



e0329049_21443955.jpeg

これがday1の地図。まず思ったのが、磁北線引いてねーじゃねーか!ってこと。あとあと聞いたら、ほぼ北だし要らないでしょw って感じだったらしい。

まぁ俺らはそれでいいけど磁北線ありきで地図読みを教えた夫婦で初参戦の鈍足のヒロシチームはビビったろうな。前日、前夜祭会場に張ってあった地図に磁北線引いてないんだけど本番は引いてあるんだよね!?って連絡来たくらいだしwww



スタートしてまずは西に延びる林道へ。セオリー通りならほとんどのチームがこちらに進んだはず。とりあえず110まではほぼ道沿いにあるので127、73、74、110の順番で取っていく。ダラダラと登りが続くのでここは得意のスピードハイクで温存。

そう、今回は結果を出したいので、あくまでハイカーとして!とか、楽しめれば!とかそういうのは一切無し。走れるところはガンガン走ります。



簡単に取れると思っていた74で15分くらいのロス。集団ローラー作戦に騙されて全然違うところを見てしまった。もう74は捨てるかーって思って藪を抜けたらそこにあったというw



e0329049_22003525.jpeg

これはその時の1枚。プロが撮ると違うよねー!実際はロスってる時なんだけどw



ここからは林道がひたすら続く区間。フラットと下りはもちろん走ります。ちなみにここで猛烈な便意に襲われて、このままじゃ走り続けられない、今しかない!…で駆け込みました、八ヶ岳の雄大な自然にw



e0329049_22033896.jpeg

戻ってきたらタカさんチームに追い付かれてたw (これは127の時の写真)



気を取り直して出発。刃牙の毒手が裏返った時ばりに体が軽くなったのでどんどん攻めます。110を無事に取り、林道のT字路でルート相談。地図が30000分の1になったことによりエリアが広くて予想していた以上に時間がかかっている。当初は北の方の81とか77とか取る予定だったけど、これ相当気合入れて走らないと無理でしょ。どう見ても帰りも時間かかりそうだし、タイムオーバーによる減点だけは避けたいところ。特に80とかマジでヤバいでしょ!ロマンポイントだよ、ここはw (あとでリザルトチェックしたらやっぱり誰も行ってなかった…)

というわけで、76、107、105、132、129、128、102、126でフィニッシュが手堅い策じゃないか?って事でまとまった。もし取れそうなら85、130も狙えれば。

なんか林道を周りつつ脇のCPを取っていくこのプラン、同じこと考えるチーム多そうだなw



76では30000分の1の距離感にやられ、隣の谷を探してしまい45分のロス。しかも猛烈な藪漕ぎをしたのに本来のCPは至極簡単なところに設置してあって余計に凹んだ。凹みすぎてもうどうでも良くなってしまったしorz



e0329049_21022650.jpeg

ここからは5km強の林道が続く。107、105は簡単に見つかったけど、さっきのロスで気分がいまいち乗ってこない。それでもバディに促されて走っているとストレートBのRoDチームとバッタリ。132、129までほぼ一緒に走らせてもらった。これは気持ち的に落ちてた自分にとってかなりプラスだったな〜。助かりましたw

ちなみに132から129までのロード、初日の核心でした。ずっと登りだし長いし終わりが見えないしここまで来てなんでだよ!って感じだったorz



129を取った時点でほぼ間違いなく時間内に戻れそうだったので、128に向かいます。ここも顕著な谷筋だったので一直線に向かってたら



e0329049_21014207.jpeg

シュン君マサシさんチームに遭遇!やっぱり僕らとまったく同じルートでここまで来たそうで。もうゴールも近いし最後まで一緒に行きますか!



102も問題なく取って最後の126も取ってそのままゴール。初日の合計は320点で33位。なんと320点は30チーム近くいたみたいで完全にボリュームゾーンw

僕らはゴール時間の関係でその中でも上から5番目。早めの行動が功を奏したようです。なんか読図よりも走ったもん勝ちって感じが否めなかったけどまぁいいか。2日目は30位以内を狙おうぜ!って事でw



e0329049_21150413.jpeg

ここからは恒例の楽しいキャンプ。僕らの幕は安定のメガライト。でも今回は…



e0329049_21232585.jpeg

メガライト専用バスタブを持ってきてるんですね〜!

オフィシャルに雨が降ったらキャンプ地は泥濘、フロア付きテントを強く推奨!って書いてあって、最初はメガライトとalpine bivyで行こうと思ったけど、よく考えたら今こそバスタブを使う時だろ!ってなりましてねw



e0329049_21384205.jpeg

これが設営してみたらめちゃくちゃ快適でなんて広いこと!外の気温も相まって自然と僕らのメガライトが宴会場にw

どんどん人が集まってきて最終的にMAX14人!酸素も薄くなるし、いろんな食べ物あるし、酒臭いし、みんな1日動き回った後だしで中は完全に異空間だったよなー 笑


e0329049_21422760.jpeg

今年はやる気だから酒もほどほどにしようぜ!って話だったのにどんどん出来上がっていく男長を見て、2日目の終わりを予感したが翌日はケロッとしてました。そういうわけで今回自分はかなり抑え気味で飲んでおきましたw



e0329049_21492909.jpeg

鈍足のヒロシをついに紹介する事が出来たし…



e0329049_21515283.jpeg

関西G会のメンバーともようやく会えた。今度はこちらから突入するしかないな!その時はブッ込みたいぜ!!



e0329049_21170998.jpeg

いろんな人に会えて楽しいキャンプでした。これもOMMの醍醐味w



…夜は予報通り相当冷え込んで−8〜10度位まで落ちたようです。でもメガライト バスタブがかなり厚くて地面からの冷えはほぼ無かったし、ダウンもナノエアで問題無く眠れた。

まぁ普通のハイクなら間違い無くフーデッドヘリオスを担ぐ気温でしたけどね〜。でも今回くらいの装備でも意外といけちゃうんだよな。その辺のさじ加減がまた難しい…w



2日目。



e0329049_23165541.jpeg

自分のミスで1時間も早く起きる羽目になったけどその分、朝はゆっくり出来たかな〜と。これに関しては男長、マジですまん!!



e0329049_23574094.jpeg

6:55のスタートに向かう頃には若干気温も上がった気がするけどやはり寒いは寒い。止まってると寒いのでマップを受け取ってルートを決めた後、体温めるために最初から走る事にした。

さぁ、今日は少しでも順位を上げるためにさらに頑張りますか!



e0329049_23261699.jpeg

エリアは昨日と一緒。そしてやはり林道沿いに配置してあるCPが多いなって印象か。2日目は制限時間が6時間なので昨日同様、北の方のCPは無視。あとは一見ポイントも高いしスタートから近いし簡単に取れそうに見える106も無視。多分、行きはいいけど帰りは結構な登りになるのは目に見えている。

そうなると昨日とは逆周りに林道を走って最後にゴール周辺に密集してるCPを取れば結構なポイントになるのではって作戦。でも1番標高の高いとこにある101はスタートとの標高差約500m。しかも昨日下ったダラダラと長い林道を今度は登るのか…。まぁやるしかないw


まずは車道を走って104と103を。そのまま西に向かい75もゲット。走力あるチームなら108、109、78と取れるんだろうけど僕らは75のあとは124に向かった。絶対に間に合わないと思っていたので。


しかもこのタイミングで再びの猛烈便意!自分でもビックリの2日連続でのOMM野○ソには参ったが背に腹は代えられまいw



124周辺の111、133は無理だと思い行かなかったが、今思えば両方は無理でも片方は行けたな。133を取れてればもしかしたら…って完全に結果論、後の祭り。そういうジャッジをあの時点で下せなかったのは自分らの実力不足って事でしょう。



その無理だと思った理由がここから始まる林道の登り。2人揃ってペースは落ちないし走れてはいる。でも脚は棒になりかけていたのでorz


寄り道して71、本日最高点の101をゲット。ここまではロスなく完璧に来れてる。でもなんだろう、胃の調子がおかしい。定期的にギューっと激しい痛みが襲ってくる。

ここまで行動食はジェルばかり。特に今日は無性に甘い物が欲しくてジェルを一気に3つとか摂っていた。原因はこれか…?内臓をやられる!ってよく聞くけどこれの事?だとしたら一気飲みした俺って完全にアホじゃないか!

後悔先に立たず。この後はこの胃痛と付き合いながら進む事に…。ジーザスだ、ほんとorz



101からはガンガン走れる。まぁ胃が痛む度に歩きに変えつつだけど。男長には迷惑かけたな。でも昨晩は介抱したわけだしお互い様って事でw



134、113と取り114に向かう。すると遠くから何やら見覚えのあるシルエットがこちらに向かってくるじゃないか。



e0329049_23561664.jpeg

鈍足のヒロシチームとばったり!こちらに向かって走ってきたので

「お前、俺たちが見えたから走っただろ!?」

って聞いたらマジでそうだったみたいw レース中に会えたら楽しいねぇ!なんて言ってたけど実現して良かった。

ちなみに鈍足チーム、マジでブービー逝くんじゃないか?って心配してたけど杞憂だったようでスコアショート28位ってなかなかの成績だったようです。やる時はやる奴!もう鈍足とは呼ばせない!…かな?www



胃はキリキリと痛いけど114、115、117、125、116と順調にゲット。自分達もビックリするくらいロスなく上手くいってなんだか嬉しかった。なので時間も有り余っているw



e0329049_00085356.jpeg

122を取って大通りに出た。もう余裕でゴール出来るけど少しでも順位を上げる確率を上げようって事で走ります。でも僕の胃は完全に満身創痍。挙句、靴紐を締め過ぎたせいでバックステー?がアキレス腱に当たり続け激しく痛い。これを書いてる2週間以上経った今もまだ痛い。



e0329049_00144958.jpeg

ようやくラストの122!



e0329049_00160505.jpeg

最後まで走り抜けてフィニッシュ!!2日目の合計は390点でした。



2日間で約60km、よく歩きよく走った!最終的に合計710点で総合18位でした。1日目は33位だったけど2日目が15位だったのでなんとか20位切りを達成!そして上位1割にも食い込むことが出来た。


目標は30位以内だったし、こっそりとライバル視してたチームにも勝てたし大満足の結果でした。なのでもし来年出るなら結果はもういいかなーと。ロマンポイントを取りに行こうぜ!って今は話してます。今回で言うなら初日の80とか。

「え!?あれ行ったの!!??ヤベー!!!!」

みたいなのを狙いたい。そっちのがおもしろいしネタになるw



最終的に帰ろうとしたら車のバッテリーが上がってて、近くのGSの人を呼んだらボられたってオチがついてきてしまったが、それ以外は楽しいOMMでした。やっぱりこのレースは楽しいなw



感想として、今回は前回以上に地図読みよりも走力が必要なコースだったかな〜と思う。地図が30000分の1になった事により歩いてたら間に合わないとすごく思った。移動距離で言ったら自分らが出た過去3回の中で最も長かった。そしてコンパスは過去3回の中で最も必要性を感じなかった。地形図と実際の地形を照らす事が出来れば問題ないレベル。まぁ初日の76は距離感に惑わされて隣の谷を探してしまったけど。


周りの友人もみんな同じ事を言っていたので大多数の人がそういう感想なんだろうな。でも僕らは1選手。走力が必要なコースなら走るだけ、読図スキルが必要なコースなら頭を使うだけ。渡された地図内で楽しませてもらうだけです。



というわけで恒例の装備の備忘録。ハッキリ言って今回はまったく軽量化にこだわってません!火器はガスだし、インサレーションジャケットも手持ちの中で重めのナノエアフーディ―だし、ビビってダウンブーティーとか電池代わりにモバイルバッテリー(ヘッデン充電用)も持ってきてます。別にグラムカッターじゃないし、たった100〜200g軽くして早く移動出来る訳じゃないし。いつものハイク通りの装備なので参考にならないですw



バックパック


atelierbluebottle PAC-S



シェルター


…Black Diamond メガライト(自分持ち)

メガライト用バスタブフロア(男長持ち)

メガライト用センターポール(男長持ち)



寝床


シュラフ…NANGA ナノバッグ300SPDX

パッド…Klymit Ozone UL

ビビィ…rutalocura wasatch bivy



行動着


ベース…finetrack active skin

ミドル…patagonia Capilene Thermalweight Hoody

ボトム…patagonia Crosstrek Bottoms

パンツ…icebreaker Anatomica Boxers

キャップ…Houdini Airborn Chimney

ソックス…Drymax

シューズ…inov8 Roclite295



防寒系


ジャケット…patagonia ナノエアフーディ

パンツ…NANGA ポータブルダウンパンツ

ベース上…ibex wooliescrew 150

ベース下…ibex wooliesbottoms 150

グローブ…mont-bell WINDSTOPER Trekking Gloves

ソックス1…Drymax(予備)

ソックス2…Sealskinz 防水ソックス

ソックス3…Highland Designs Downsocks UDD



レインウェア


ジャケット…teton bros Tsurugi jacket

パンツ…mont-bell バーサライトパンツ



食事系


クッカー…EVERNEW Ti Mugpot 500

ストーブ…Kinetic ultra Ti stove

燃料…Jetboil Jetpower 100

コップ…Wildo Fold a cup

コジー…Wanderlust Equipment STAND COZY

カトラリー…コンビニプラスチックすぷーん

食料


ULTRALUNCH Bivouacration トマトキック×1

日清 ハヤシ飯×1

おにぎり×2

粉末スープ×2

粉末ココア×2

粉末コーヒー×1

おつまみピーナッツ×3

ジェル×12

塩熱サプリ×15



飲料


コカコーラ 500ml

いろはす 500ml

缶ビール 350ml

ウィスキー 350ml



エマージェンシーその他


ヘッドライト…Black Diamond IOTA

歯ブラシセット無印良品

耳栓工業用高性能耳栓

電池モバイルバッテリー3000mAh USBケーブル

薬各種

テーピング

victorinox

熊鈴

笛(バックパックのスターナムストラップ)

platypus 1L 水筒




e0329049_00441697.jpeg

おしまい








Commented by keirinyuko at 2017-11-30 16:16
いつも楽しく拝見させてもらっております。

まさか、山系のBLOGでガーリックボーイズを目にするとは思わなかったもので、思わずコメントしちゃいました。
ずっとサビの「響く一気コール」を「醜いチ〇コ」だと思ってました。

季節柄「YOKOZUNA」もいいですね。

これからもBLOG楽しみにしてます。
失礼いたしました、押忍!

Commented by gyalic_18000 at 2017-12-01 18:29
ありがとうございます!

まさかのガーリックボーイズw 10数年ぶりに軽くブームがきてます。僕たちは飲むと大体「あんた飛ばしすぎ」の歌詞通りになってしまいますので親近感ハンパないです!

でも翌日はいつもオロロンオロロンと泣き虫デスマッチ状態っていう…笑

こんなブログですがこれからもよろしくです!!
by gyalic_18000 | 2017-11-28 00:44 | トレイルランニング | Comments(2)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31