白毛門沢

e0329049_17383660.jpg
ついに沢登りの世界に足を突っ込んでしまった…









クライミングを始めたと同時くらいから興味のあった沢登り。でもギアも必要だし技術も必要、一人でなんて絶対無理だし…で今まで諦めてた。

でも実はマチコさんが沢登りからクライミングに入ってきたと知り、連れてってくださーい!とお願いして迎えた今回の沢。何気に沢登りに興味のあった白石と自分の3人で入門的な白毛門沢に行ってきた。ロックマンも行くはずだったけど仕事でドタキャンorz

水上の水紀行館に5時集合にするもなんとアラームをセットし忘れた自分が1時間の大遅刻 汗

申し訳ない気持ちでいっぱいのまま白毛門の登山口へ向かう。天気は今のところすこぶる良くて馬蹄形の稜線もクッキリ。気温も上がりそうだ。

沢登りとなるとウェアの選択が難しくて、キャプリーン3上下にバギーズ、頭はダックビルCAP。なんと全身パタゴニアン 笑 

ヘルメットはとりあえず要らないからと言われていたので今回は持参しなかった…ってか持ってない…

バックパックは詰めの藪漕ぎを想定してハイブリッドキューベンのHMG。手持ちの装備でなんとか遡行スタイル完成ww

e0329049_17493341.jpg
足元は結局フェルトの沢足袋。見た目ではastralのラスラーが欲しかったけど間に合わないし。でも5.10ユーザーとしてはアクアステルスがかなり気になるので来シーズンは間違いなく買ってるでしょうw

e0329049_17520426.jpg
同じく間に合わせ装備の白石の足元はハイパーVというソールのついた作業靴?。石鹸水、油の上でもフリクション効くってのがウリみたいだけど…。ネットで探してもこれを沢に履いていく人いるみたいだから実績はあるんだろうなー。

あとはいざという時のためにハーネスとATC持って入渓!しばらくはゴーロ状を進んでいきます。

e0329049_17574139.jpg
LOKSAKに入れたiphoneから撮った写真なので荒くてダメだな!雰囲気だけでも。

e0329049_17591732.jpg
ナメがたくさん出てくるとキャニオニングで有名なハナゲの滝20m。立派な滝で左岸から登った。

e0329049_18022518.jpg
楽しくなって意味もなく足だけ水の中に入ったりしてなかなか楽しい。でも水は冷たく全身ドボンは勘弁な感じ。フェルトのフリクションのかけ方にようやく慣れてきた頃、白毛門沢と東黒沢の出合いに到着。

写真でいうと左の沢が白毛門沢。今回はこちらに上がっていきます。

e0329049_18045224.jpg
e0329049_18051800.jpg
軽快に越えていける滝ばかりで入門的な沢というのも頷けるな〜。でも要所要所で出てくるムムム!?って箇所はクライミングやってて良かったなーと。全員クライマーなので何気に基本的な登攀能力は高いパーティーですw

e0329049_18074966.jpg
タラタラのセンの前衛滝10mを目前にして最初の休憩。やっぱり全員段クライマー、ここまでの所要時間もかなり少ないw 天気はどんどん悪くなってきたけど気温は高め。

e0329049_18113573.jpg
ここから10m滝、タラタラのセン15mは左岸を高巻いていきます。泥、藪、高巻きは嫌ですね〜沢筋から離れすぎてもダメだし。藪があるからあまり感じないけど滑って落ちたらヤバいでしょう。

e0329049_18212340.jpg
タラタラのセン15m。直登するにはロープ出さないとアウトかと。今はまだ早い!

e0329049_18151558.jpg
タラタラのセン落ち口の巨大なボルダー。思わず目がいってしまうw ここで2度目の休憩。

久しぶりに長く歩いたマチコさんはかなりバテ気味。そのせいかここのスラブでとても面白いドボンを2度ほどww 久しぶりに爆笑させてもらいました。ナイス!

e0329049_18182607.jpg
e0329049_18190111.jpg
巨大ボルダーの上は流身が狭まり源頭に近くなってきたのかな?ちょっと分かりづらい二俣が現れた。

トポを見てみるとどう見ても直進。でも右から流れてくる沢の水量が本流を予感させる…でもここはトポを信じて直進!

e0329049_18235949.jpg
水量はチョロチョロだけどとても嫌らしい小滝をいくつも乗り越えて源頭を目指します。

そして本来左に見えるはずのジジ、ババ岩が何故か右手に…

e0329049_18260123.jpg
超絶急登な藪漕ぎ…orz ブッシュを掴みながら体を上げていく。

開けるんじゃない?!…また藪…のやりとりを何回かしたのち先頭を行くマチコさんから

「登山道だ!」

って声が聞こえてきた。

e0329049_18283720.jpg
予定よりかなり下に出てきてしまったみたいw

本来なら源頭部は爽快なスラブ登りで白毛門直下に出るはず。でも今回のルートは松ノ木沢の頭よりも下に出たっぽい。あの時迷った二俣を実は右に行くべきだったんだろうな。

e0329049_18335380.jpg
上から見ると明白w それにしても急だなー!ビックリするほど急な詰めだった。

最後のスラブ帯を楽しみにしてたけどまぁ仕方ない。正味3時間ほどの遡行だった。

帰りは登山道で高速下山、昼前には水紀行館に到着しました。

いわゆる沢体験だった今回。その面白さにやられました。今年は機会がないのでもう行けないけど来シーズンはもっと行きたいなーと思ったのは言うまでもない。景色もすごく綺麗だし。出来ればロープワーク覚えてもう少し難し目な沢に1泊2日で…って誰もそこまではついてきてくれないか…orz

とりあえず今まで手を出してこなかったリードに取り組む時がきたかな〜。まずはジムで誰かにビレイしてもらって…

とにかく連れて行ってくれたマチコさんには本当に感謝!

e0329049_18433000.jpg
遥か彼方の白毛門でおしまい








Commented by ハリクリ at 2015-09-16 22:20 x
うおーっ!ブログ待ってました!
楽しそうだなあ〜
沢からピークまで登る、もしくは岩陵を登ってピークまで、、、憧れます。
ダブルロープ用意するんで、ウブさんかマチコさんが木曜日休んでくれないかな〜w
Commented by gyalic_18000 at 2015-09-17 17:32
俺もクリさんが土日休みだったらどんなに…って感じっす!でもどこかで機会があったら行きたいですよねぇ。
by gyalic_18000 | 2015-09-15 17:37 | 沢登り | Comments(2)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30