裏銀座セクションハイク DAY2

e0329049_14152804.jpg

裏銀座セクションハイクの2日目。








今日は野口五郎岳まで歩いて竹村新道を下って高瀬ダムまで戻る長丁場。ゆっくりしていると帰りが遅くなってしまうので3:00起床で。



e0329049_17255738.jpg

気温は5度くらいと先週ほど寒くはなかった。それよりもあの蚊たちは…?ビビィの僕は外で食事を摂らなければならず少々ビビっていたけど、気温が落ちたせいか奴らは居なくなっていた。

朝食をハヤシメシとスープとコーヒーで済ませ、行動食用のビバークレーションをスタンドコジーにセットする。まぁ今日はアホみたいな登りはないし、湯俣温泉まで降りれば何か食べ物が手に入るからビバークレーション1食持てば大丈夫でしょう!



e0329049_17303878.jpg

e0329049_17310602.jpg

朝4:30出発。まだ辺りは真っ暗なのでヘッデン点けて歩き始めます。起きた時は雲が多かったが出発する頃にはきれいに星が出ていました。



e0329049_17435259.jpg

e0329049_17543436.jpg

三ツ岳への登りでだんだん空が白み始めてきた。振り返ると後立山連峰のシルエットがはっきりとしてくる。朝の幻想的な雰囲気に2人とも何度も足を止めて見入っていました。こんな素晴らしい夜明けを山で迎えるのって一体いつ以来だろう…



e0329049_17592888.jpg

e0329049_18001519.jpg

e0329049_18005896.jpg

e0329049_18012778.jpg

最高だ…。風が強くて体感気温がかなり低いこと以外はw



e0329049_20575591.jpg

とにかく風が強くてウィンドシェルの上にツルギジャケットを着てまだ少し寒いくらい。もう9月だしアルプスは完全に秋だな〜。



e0329049_21003778.jpg

三ツ岳まで登ってしまえばあとは快適な稜線歩きが待っている。野口五郎岳までなので大した距離じゃないしゆっくり行きますか!



e0329049_18082697.jpg

この雲がすごかった。頚城のさらに奥から白山の方まで延びる帯雲。まるでモーニンググローリーのような雲は朝日に照らされてめちゃくちゃきれいだったな。この日、北アルプスにいた人達はみんな見ていたみたいです。しばらくすると消えてしまったけど。



e0329049_20221817.jpg

e0329049_20230142.jpg

e0329049_20240181.jpg

e0329049_20243267.jpg

四阿山と浅間山の間、鳥居峠からの日の出。それに照らさらて北アルプスの山々が紅く染まっていく。俗に言うモルゲンロートってやつですが、久しぶりすぎてとても感動しました。多分、GWの平ヶ岳以来では?w



e0329049_20294575.jpg

e0329049_20311837.jpg

e0329049_20315917.jpg

e0329049_20493910.jpg

右に水晶岳と赤牛岳、左に表銀座。ここは北アルプスの中心辺りで色々なピークが見える。人も少ないしものすごく快適な稜線歩きだ。

「ここほんとヤバイねー!」

なんて何回も言いながら歩いてましたw



e0329049_20361914.jpg

e0329049_20371199.jpg

野口五郎小屋。ここは昔テント場があったらしいけど、強風被害が相次いで閉鎖してしまったそう。でもまぁ訪れてみて納得、確かに風は強い。ロケーションもいいし位置的に張れれば需要はあるだろうけど。



e0329049_20411034.jpg

時間はなんとまだ7:00!早く起きたので今が朝飯か?作っておいたビバークレーションをいただく。今回はトマトキックを用意したけど、先週のお茶漬け同様、どうしても冷めると味が薄く感じてしまい食が進まないんだよな。

じゃあ何かを足すんだけど、お茶漬けには沢庵、じゃあトマトキックには?

…見つけましたよ、それはスナックを潰したものを混ぜればいいって。

タカさんが食べてたカルボナーラ味のスナックを少しもらって砕いて入れたらサクサクの食感がプラスされてかなり美味しい。スナックはバリエーション豊富だし色々と試してみようと思う。とりあえずコンソメとチーズは間違い無さそうだ。ビーガンではなくなってしまうけどそこはまぁw



e0329049_20552920.jpg

この辺りは岩が多い。岩がゴロゴロしてるから五郎って言うみたい。黒部五郎もそうらしいし。ここを登り切れば…



e0329049_20564532.jpg

野口五郎岳!今回のルートの最高点です。ここまで来ると西鎌、北鎌、硫黄尾根に槍ヶ岳etc…。さらに景色が広がってもうヤバイな〜しか言えないw



e0329049_21290569.jpg

e0329049_21293481.jpg

e0329049_21303043.jpg

e0329049_21310478.jpg

山頂には烏帽子小屋からピストンで来た人、これからさらに裏銀座を歩いて三俣山荘まで行く人、湯俣温泉に降りなければならない僕ら、様々だ。正直この天気、何故ここで降りなければならないんだ、もっと先まで歩いて行きたい!と思ったけど土日休みのサラリーマンにはこれが限界か…orz



e0329049_21360258.jpg

裏銀座へ別れを告げまずは南真砂岳へ。まだまだ開放的な稜線トレイルです。



e0329049_21371754.jpg

一回降ってガツンと登り返す。タカさん、かなりお疲れのようでw



e0329049_21381058.jpg

南真砂岳。ここのピークも眺めがいい。今回上から降って来たからアレだけど、下から登って来たらかなりテンション上がるだろうな。



e0329049_21394658.jpg

e0329049_21401066.jpg

鷲羽岳に槍ヶ岳。ほんと素晴らしい。



e0329049_21434564.jpg

e0329049_21441261.jpg

長〜い下りが始まります。まずは一度降りてコルから湯俣岳への登り返し。樹林帯の中に入るけど結構雰囲気のいい森でした。


e0329049_21443927.jpg

槍ヶ岳がバーンと見えるのはここで最後。あとは湯俣温泉に向かってひたすら降るのみ!



e0329049_21461577.jpg

e0329049_21463229.jpg

途中で見えた水の色がとても綺麗だった…。



かなりのハイペースで降り続け、ちょうど11時に湯俣温泉に到着。降るほどに気温は上がりなかなかハードでした。水量も普通だし、噴湯丘に行って野天風呂にでも浸かりたい気分だったけどまだまだ高瀬ダムまで長いし我慢した。



e0329049_21505772.jpg

ヒロシと来た時以来の湯俣温泉。今回は営業中だったのでちょっと休んで行くことにした。



e0329049_21522574.jpg

e0329049_21525037.jpg

e0329049_21531182.jpg

晴嵐荘はとてもオシャレな小屋だ。酒の種類も豊富だし気分のいいジャズが流れている。食事にも凝っているんだろう、今晩のメニューがとても美味しそうだった。



e0329049_21550397.jpg

僕らは昼メニューの冷やしかけうどんを注文。量も多く、これから高瀬ダムまで約10km歩くにはちょうどいいエネルギー補給になったかなw



e0329049_21571881.jpg

ヒロシと来た時と一緒で、またこの吊橋にアオダイショウがいたのには驚いた!



e0329049_21592972.jpg

e0329049_21595364.jpg

ただの水平移動なのでつまらないと思いきや、とても景色のいい道で飽きない。でもさすがにこの10kmでドッと疲れが出たかな〜。走っちゃえば楽なんですけどねw



高瀬ダムまで戻ってくるとジャンボタクシーが待機していて、ちょうどいいタイミングで乗ることが出来た。5人だったので1人650円。七倉に着いたのは14時くらいでした。

七倉山荘で風呂に入りそのまま群馬で解散、タカさん、渋滞お疲れでーす!と思いつつ一足先にビールを開けたのだった…。



…今回のハイクはまさに改心と言うべきもので、ここ最近の鬱憤を完全に晴らすことが出来てとても満足出来ました。個人的に今年のアルプスはこれで終わりだと思うけど、秋は越後の山でまた快晴のハイクを当てたいと思います。



e0329049_22082732.jpg

おしまい





by gyalic_18000 | 2017-09-12 17:19 | 北アルプス | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30