裏銀座セクションハイク DAY1

e0329049_21350944.jpg

久しぶりの晴れ予報は裏銀座へ。








最近は週末になるや、とことん天気が悪くて外で遊ぶ趣味を持つ人達にとっては最悪な夏だったでしょう。そういう僕もかなり鬱憤が溜まってたクチでしてw



そんな訳で久しぶりに土日晴れマークが付いたし、ここはひとつ激しいのやろうかな〜と準備していたらまさかの風邪を引くという…。



考えてたのは1日目、高瀬ダムから湯俣温泉経由で三俣山荘まで行き、2日目は鷲羽岳と水晶岳を落としつつ烏帽子小屋経由で高瀬ダムに戻ってくるってルート。多分50km近くあると思うけど先週も天気にやられてモヤモヤしていたし、気合だけは十分だった…のに風邪ってマジかよw



病み上がりでこれは間違いなく果てるので、やっぱりユルいハイクにしよう!とタカさんに連絡、今回は高瀬ダムto高瀬ダムで野口五郎岳までやる事になりました。これなら距離は30km強あるものの、水平移動多いし問題ないでしょ。それに烏帽子小屋からの稜線がどうしても歩いてみたかったw



e0329049_16274576.jpg



地元の道の駅に集合して約3時間半、それなりに混んでる七倉に到着。空は晴れていて今日のハイクはとても素晴らしいものになりそうです。



e0329049_21490460.jpg

登山届はちゃんと出しましょうw



今日の行程は烏帽子小屋まで。ブナ立尾根なんてそんなに時間かからないしタクシーが何台か停まっていたけど行きは歩いて高瀬ダムまで。



e0329049_21510106.jpg

高瀬ダムのつづら折りを歩いているとダンプがひっきりなしに登ってくる。不動沢の土砂関係の車両だろうけど、全部で36台!トンネルの中は結構怖かったです。



e0329049_21531792.jpg

烏帽子岳を見上げつつ先へ。まだ朝方なせいか気温が低くシェルが脱げないw



e0329049_21545635.jpg

e0329049_21551859.jpg

それにしてもいい天気だ。先週の朝日岳が嘘のように晴れ渡っている。やはり山に行く時はこういう天気じゃないとダメですね〜



e0329049_21564438.jpg

e0329049_22000777.jpg

吊り橋の上からトラックの車列を眺めつつ濁沢沿いのトレイルを行く。前に来た時とは随分地形が変わってるなと感じた。土砂が増えたような…



ブナ立尾根の取付き点についた。ここからは北アルプス3大急登が始まる。でも僕はここと合戦尾根は3大急登では無いと思ってるので。急登なら隣の七倉尾根の方が全然ヤバい。



e0329049_21584520.jpg

e0329049_21593795.jpg

タカさん、久しぶりの急登に少々お疲れ気味。確か、「救心飲んだ方がいいっすよ」とか言ったような言ってないような…w



e0329049_22094858.jpg

e0329049_22101450.jpg

気付けばかなり上の方まで登ってきた。烏帽子小屋はもうすぐそこです。



e0329049_22133945.jpg

e0329049_22140693.jpg

七倉から4時間半くらいで烏帽子小屋に到着。結構ハイペースでしたね。テント泊の受付を済ませ、僕はスーパードライを1本。スカッと晴れた山の上で飲むビールはやはり格別に美味い!



e0329049_22163674.jpg

e0329049_22170032.jpg

朝よりも雲は増えたけど明日歩く三ツ岳、小屋正面の赤牛岳など抜群の景色です。そうです、僕はこれを見たかった!もうガスガスの景色は見飽きた、ほんと会心のハイクだなぁ今回はww



e0329049_22193056.jpg

とりあえず設営して烏帽子岳に向かいます。3年前は船窪からフラフラになりながら歩いてきて烏帽子岳に登る気力はゼロでした。今思い出してもあの時のハイクは今までで一番キツかったかもしれない。リアルに辿り着けないんじゃないか!?と思ったのは初めての経験だったな…



e0329049_22302015.jpg

e0329049_22231169.jpg

e0329049_22232946.jpg

e0329049_22235350.jpg

e0329049_22241382.jpg

烏帽子小屋から20分くらい?ちょっとした岩場を登ると狭い烏帽子岳山頂。マイナーエリアと思いきやこの日は結構人がいて、山頂もそこそこ混んでました。



e0329049_22261001.jpg

e0329049_22263427.jpg

あまりの景色の良さにシャッターを切りまくるわたし達www



e0329049_22272101.jpg

気温もちょうどよくてつい長居してしまう。タカさんの後ろの針ノ木岳、蓮華岳の眺めが良いよね〜ここは。



e0329049_22315603.jpg

四十八池。南沢岳と烏帽子岳の間にあるこの池塘は上から見下ろすとすごくきれいな場所。でも僕にはあの時、水が無くなって渇きでやられていた時に飲んだ雪解け水の印象が強い。雪解け水のただの流れに顔付けてゴクゴク飲んだっけ。あれは美味かったな〜



e0329049_22353069.jpg

テントの数も増えてました。やはり今夜は泊まる人が多いようだ。小屋泊の方も結構いるみたいだし。静かな夜は…あまり期待出来ないかな。(実際となりのカップルが遅くまで話していて我慢の限界を超える寸前だったという…。餓鬼岳の時とまったく同じ展開)



e0329049_22382097.jpg

タカさんはBigsky wisp1。僕はAlpinebivy。雨予報は出ていなかったのでビビィできたのに夕方降られたけどorz



夜は星空眺めてゴロ寝だ!と思っていたのに、テン場で飲み始めたらすごい数の蚊が飛び始めた!もう経験したことのない蚊の数で払う側から止まって針を突き立ててくる。顔面以外は完全防備でなんとかやり過ごしたけど、小屋に無理言って蚊取り線香売ってもらうレベルでした。まさか9月のアルプスでこんなに蚊に絡まれるとは。居ないと思って虫除けすら持ってこなかったけど完全に失敗。ディート30%持っていればな…

そんな訳で夜は蚊を警戒して換気分しかジッパーを開けられなかったw



e0329049_22451453.jpg

ちょっと高いけど桃缶も買った。クソ美味いな〜。ビール3本とワイン小瓶で御満悦w



夕方雨が降った後はそのまま雲が晴れず、夕飯食べて19時過ぎにはシュラフに潜った。iBooksで購入した本を読みつつ寝ようと思ったが、先に言ったようにとなりのテントがうるさくてなかなか寝付けず、ウトウトで終わって翌朝を迎えた…



e0329049_22475910.jpg

day2へ続く→





by gyalic_18000 | 2017-09-11 21:33 | 北アルプス | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30