栗原川

e0329049_20391350.jpg

極上のナメを堪能してきた。









梅雨も明けたし夏といえば高山か沢でしょう。男長とマサシさん、鈴鹿の沢に行く予定だったけど台風で流れてしまったアヤちゃんの4人で地元の栗原川に行ってみた。


候補は他にもいくつかあったが、今年は残雪が多くて雪渓で埋まっていたり、男長が癒し渓がいい!って言ってたからここにしてみた。ネットで調べる限りかなり評判はいいし、途中までなら特に難しくもなさそうなので。



前日に近くの老神温泉多目的広場でプチ宴会して早朝出発した。ここはトイレもあるし人も居ないし人によっては前泊するにはいいかも。オススメですw



まずは懐かしの栗原川林道をしばらく進む。この林道、15年くらい前にモトクロスで結構走りにきていた。それ以来だからそれは懐かしい訳だ。友人に聞いていた通り、かなり舗装化が進んでいたけどアプローチとしては走り易くなっていてナイスでしたw




e0329049_20391317.jpg

8時くらいに出発。栗原川に降りるのに駐車場から直接支流を下って堰堤15mを懸垂する予定だったが、男長とマサシさんは懸垂経験無し。アヤちゃんは経験豊富と思いきや不安らしく、結局ちょっと先の踏み跡から降りることにした。今思えば懸垂していればケヤキ沢の出合に出た訳だし大滝が見れたのかな?勿体なかったか…




e0329049_20391464.jpg

言うても急なのでチェーンスパイク装着。




e0329049_20391484.jpg

栗原川に降りてきた。水は大して冷たくなくて快適。あまり早く進むとあっという間に終わってしまうしゆっくり目でw



e0329049_20391489.jpg

e0329049_20391515.jpg

e0329049_20391519.jpg

この沢は川床の岩盤が発達していてナメがすごく綺麗だった。気温も高いし釣り師もいないので意味もなくバシャバシャと。気持ちいいなぁw



e0329049_20391582.jpg

ちなみにマサシさん、沢に行くのに沢用のウェアを忘れて上下レインでした。パンツは活躍したものの、ジャケットはもうお釈迦だそうですw




e0329049_20391612.jpg

しばらく歩くと目の前にでかい滝が。



e0329049_20391664.jpg

岩塚ノ滝 8m です。川幅いっぱいに流れる滝は見事!今回見たかった滝の1つ。この滝を撮るためにわざわざG7Xと三脚まで持ってきた。お陰でいい写真が撮れたけど…



e0329049_21075330.jpg

興奮して砂の上にカメラを落としてしまい、レンズの開口部に詰まって…終了〜orz


油断した自分が悪いんだけどこれは相当凹んだ。最終的にレンズが戻らなくなり、せっかく持ってきた一式はただの重石になってしまったのでした…。


まぁ幸い家に帰って逆さにして叩きまくったらポロっと何か落ちてきたので、電源押してみたら復活したけど。とりあえずズームも出来るし問題はなさそうだ。いやぁ安堵しましたよ。せっかくのお盆休みがiphone撮影かよ!って思っていたので。やっぱりカメラの取り扱いは気を付けないといけませんね!改めて防水カメラの必要性を感じた。




e0329049_21075344.jpg

SONY DSC-TX300X ふた昔くらい前のモデルだけどこれ欲しい…。見た目が防水らしからぬデザインでカッコいいからなのかオクでも値段は高め。




まぁカメラ問題は置いといてw




e0329049_21075358.jpg

岩塚ノ滝は直登出来ないので左岸を巻きます。踏み跡は明瞭で滝の上の斜面を適当に降りて川床へ。懸垂なんていらない傾斜です。



e0329049_21075458.jpg

e0329049_21075417.jpg

e0329049_22080483.jpg

ナメはずーっと続きます。




e0329049_21075585.jpg

プカー




e0329049_21075543.jpg

泳げない事が露呈してしまった人。去年までは泳げたらしいけど、トラウマなことがあってからダメになってしまったみたいです。沢で泳げないのは痛恨な気がするが…w



e0329049_21075631.jpg

源公ノ滝。このすぐ下流の右岸に源公平って昔の住居跡があって名前の由来はそれかな。よくこんなとこに人が住んでいたものだ。ちなみにこの滝、いかにもウォータースライダー出来そうだが、釜の深さは尋常じゃなく恐怖を感じるし、写真でもわかるくらい渦を巻いている。ノリで突っ込んで洗濯機状態にはなりたくないのでスルーでした。水流左の岩を超えていきます。




e0329049_21075691.jpg

癒し渓で楽しいんだけれどあまりに登攀要素がなくてちょっと飽きてきた。しかもfieldaccessで現在地をチェックしたら今日のゴールまで1km切っているじゃないか!




e0329049_21155589.jpg

…ということでちょっと早いランチと洒落込みますか!



e0329049_21155618.jpg

川の水で締めた素麺で!素麺って歯応えなくて好んで食べてこなかったけど印象変わったな〜クッソ美味い!結構な量いただきました。アヤちゃん、サンクス!!



ここから先はここまでとは変わって滝が増えてきます。登らなくても巻ける滝ばかりだけどここは敢えて水線突破でしょw



e0329049_21155646.jpg

e0329049_21155627.jpg

e0329049_21155757.jpg

e0329049_21155753.jpg

e0329049_21155890.jpg

e0329049_21155872.jpg

e0329049_21155814.jpg

e0329049_21155976.jpg

釜に泡が漂ってる滝だけは無理だった…



e0329049_21474053.jpg

この6m滝を越えると…



e0329049_21474040.jpg

大膳の滝。沢はゴルジュ帯になり滝の上で大きく曲がっている。側壁の高さは数十mに及び、癒しのかけらも無い。この滝は三段あってこれは1段目。1、2段目はフリーでいけるけど3段目はロープ出さないと厳しいみたい。栗原川はここからが本番って感じ。上にも円覚不動滝、五段の滝と控えているし。足の揃ったパーティーが組めるなら遡行してみたいですねw



なので今回はここまで。こんな凄まじい空間がゴールとはオツですわ。しばらく堪能して手前の6m滝を右岸から巻きそのまま突き当たったルンゼを詰め上がります。


e0329049_14045378.jpg

e0329049_21474282.jpg

沢足袋をトレランシューズへ履き替えてザレた急斜面を登る。ここは沢筋が2本あるけどその真ん中をある程度登り、岩壁が見えたら右上していけばいいかと。平らになったら円覚址の辺りに出ます。石垣あったり如何にも人がいた跡があるのでよく分かるはず。




e0329049_21474213.jpg

右手に不動沢を見つつ尾根を登っていきます。



e0329049_21474224.jpg

円覚不動滝の落ち口が見える。この滝も3段で50mあるみたい。滝下へは懸垂でいけるらしいけど今回はそういうのではないのでパス。全貌が見たい人はググれば出てきますよ。かなり見事な滝です!



e0329049_21474390.jpg

円覚址から林道へのトレイルは容赦のない急登。踏み跡は明瞭なので余程の事がない限り迷うことはないでしょうw



e0329049_21474382.jpg

最後の最後でこれって勘弁だろ〜って状態だと思うww



ようやく林道へ出た。とりあえずここまでで懸垂が出てこなかったので…



e0329049_21474462.jpg

軽く講習会。マサシさんはすぐ出来たけど男長はいまいちよく分かってないらしく出来てるようで出来てなかった…かな?ww


西上州でキッチリとシゴいてやろうと思います。じゃないといける沢のバリエーション増えないしw



最後は山椒の実を探しつつ5kmほど林道を歩き終了。吹割の滝近くの存在だけは昔から知っていた満州って中華料理屋で夕飯を食べ(賭けだったけど意外と美味かった!)渋川で解散。



登攀という面ではかなり物足りなかったけど、ゆっくり遊びながら歩く沢としては最高でした。



e0329049_22024139.jpg

そんな沢のお供はatelierbluebottleのPAC-S。オフグリの時にオーダーしたものが最近ようやく届いたので使ってみた。日帰りの沢ならこのくらいの容量で十分だし、引っ掛けて破ける箇所が無いのもいい。ロープはトップに付けれないものの、外ポケットに入れられるので問題無いかと。ただ、50mロープだと無理かな〜40mでも厳しいかも。


ツジオカさんにお願いしてチョコチョコ仕様を変えてあるので沢に限らず、雪山で使うのも楽しみ。個人的には季節を問わず日帰りのバリエーション用で購入したので満足です。


あ、今年のOMMはこれでいきますよ!もちろん2人揃ってwww




おしまい






















by gyalic_18000 | 2017-08-08 20:11 | 沢登り | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31