SPA TRAILに向けて

e0329049_18562476.jpg
GW明けからのSPA TRAILに向けてのトレーニングメモ。









ついにあと1週間に迫ったスパトレイル。今まで最長で40kmしか走ったことのない自分にとって未知すぎる距離のこのレース、はっきり言ってマジでビビってます。ましてや周りから自分と男長なら余裕で完走出来るでしょ!とか言われているのでプレッシャーもかなりもの…。



と言ってもですよ、エントリーして高いエントリーフィーを支払っている以上、DNFは絶対にしたくはない。初のロングレースだし順位なんてこの際どうでもいいから制限時間内に完走したいってのが本音。ん〜リタイア○人にはなりたくないw



というわけでケツに火が点かないと動かない自分のここ数ヶ月(と言っても4月からだけど)のスパトレイル完走に向けてのトレーニング記録です。あくまで山歩きメインでやっているファンランナーの記録なのであしからず。



まず一切やってこなかったロードラン。今まで出た数少ないレースは距離も短いし、いつものスピードハイクとランを織り交ぜたのをやっていればなんとかなった。だがスパトレイルは走れるレース。という事は走れないと関門に引っかかるという事。だいたい72kmで制限時間13時間なので結構ギリギリっぽい。



自分の住んでるところは走るには本当に向いてない場所なんだけど、歩道に拘らなければどうにでもなるということに気付き交通量の少ない夜限定で走った。月間走行距離100kmとか凄いよなーって思っていたが、最終的には150km前後は走っていたし、15km位ならキロ5分で問題なく走れるようになっていた。LSDや閾値走も織り交ぜて長距離大嫌いなクソ野郎はいつの間にか走るのが楽しくなったし。まぁ走れば走るほどフルのサブ4って俺には無理だな〜と感じたりしたけど。ロードのレース、いつか出る時が来るのかな…?




奥多摩での宴会のあとは泊まりでのハイクをしばらく封印して毎週末、男長とトレイルに出掛けていた。




e0329049_18562410.jpg

e0329049_18562530.jpg

e0329049_08075605.jpg

e0329049_18562607.jpg

まずは赤城全山。鍋割山、荒山、地蔵岳、鈴ヶ岳、黒檜山、駒ヶ岳、長七郎山の7座を結ぶ34km。A.K.G all mountainと名付けたこのルートは前情報通りなかなかハードでいい練習になった。累積も2500m位あるしトレイル率も9割以上。走り易いし最後の鍋割山で黄昏時の景色を眺められるのもナイス!



e0329049_18562694.jpg

鳥居峠エイドのソフトクリームとか最高でしょw




e0329049_18562699.jpg

鈴ヶ岳を下りきったところから出張山への登り、ラスボス感ハンパない黒檜山へのクソ登りと1人だったら心折れそうなところもバディと一緒なら頑張れた。



e0329049_18562619.jpg

ただそのバディ、この時点では練習不足が祟りかなりやられていたけどw



e0329049_18562762.jpg

まぁハイカーの多い山域だしフルで走れなかったけど6時間は切れた。なんか2人ともレースを完走した時のような晴々とした満足感に満たされていたのはここだけの話www






e0329049_18562737.jpg

翌週は高原トレーニングで高峰高原へ。今回は長距離大好きエマちゃんと前回のスパトレイル完走したモナちゃんと共に寒風吹き荒ぶ気温一桁の中、籠ノ塔山へ。



約3年ぶりのこのルート、走りに来たのにまさかの…



e0329049_19132648.jpg

シューズ忘れてルナサンかよ!ビーサンだったら終わってたな…。まぁしっかりマメが出来て最悪でしたけどねw



e0329049_19132671.jpg

e0329049_19132676.jpg

e0329049_19132778.jpg

e0329049_19132701.jpg

e0329049_19132712.jpg

ここは岩だらけであまり走れる山じゃなかったかな。しかもサンダルだし余計に怖い。枝が突き刺さったし。景色は抜群でした!




e0329049_19132878.jpg

トレイルよりも池ノ平からの林道の方がいいトレーニングになった。片道4kmの下って登る林道で、3年前はまったく走れなかったけど今回は余裕で走り切れた。なんならもう1シャトル行ってきなさい!と女子2人に促されて走ったけどこれもまったく問題なく走り切れた。レベルの低いところで恐縮だけど、走力上がったな〜と実感した。心拍も問題無かったし。




e0329049_19132881.jpg

それにしてもこの高峰高原は標高2000m位あるから高所トレーニングに最適だった。繋げればもっと長距離ルート組めるし、家からもそんなに遠くない。結構使えそうですw




e0329049_19132813.jpg

そして駐車場に戻ってきたらモナるエイドが開設されていた!しかもノンアルコールビールまで!いや〜最&高っす!忙しいのにこんなに用意してもらっちゃって頭上がらないですよ、マジでw




e0329049_19132986.jpg

ありがたや〜またお願いします!次はみなかみ合宿かな?w




e0329049_19593706.jpg

そのまた翌週は尾瀬で林道峠走。先週2人から谷川馬蹄形よりも林道峠走をやった方がいいと聞いたので。



タカさんとオーメンズの尾瀬ハイクに参加したい気持ちをグッと抑えて大清水から一般車両通行禁止の奥鬼怒スーパー林道へ。この林道はバイクに乗っていた頃からの憧れでまさか走って登ることになるとは思ってもみなかったw



e0329049_19593812.jpg

このトンネルを越えれば栃木県。ここまでずっと登りで約9km、止まらずに走りきれた。先週の高峰高原に続き林道の登りに対するイメージは少しはマシになったかと。



ちなみにこのトンネル、長さが1km以上あって灯りは無し。動物の骨が落ちてたりとなかなか怖い…



e0329049_19593886.jpg

栃木県側は残雪たっぷり!ここからは奥鬼怒温泉郷まで6km位の下り。脚も体力も残っていたけど今にも夕立ちきそうだし、そこまで無理してもね〜って事で折返し。大清水の駐車場まであと500mって所で結構な雨が降ってきてギリギリセーフでした。いやぁ奥鬼怒温泉まで行っていたらヤバかったな。



次の日、尾瀬帰りのタカさん達とトンカツを食いに行ったんだけど、話を聞いたら夕方までずっと降っていたらしい。ほんとナイスジャッジでしたw



そういえば僕らの後についてきてしまった老夫婦、簡易の地図しか持ってなくてトンネル手前でスライドした時に「尾瀬沼はこっちですか?」って…おかしいだろ、どう考えても。まず一ノ瀬休憩所が無い時点で怪しまないのがおかしい。本来は北に進まなければならない所を東に進んでしまっているのに気付かないのもおかしい。多分あのあと夕立ちに降られただろうけど無事だったのか。遭難というのはこういう事から始まるのかと改めて思い知らされた。僕らの後についてきてしまっただけに後味の悪い感じだったな…





e0329049_19593817.jpg

最後はゆっくり景色を眺めようと思って近所の稲包山へ。家族サービスが待っているので早朝スタートでw



e0329049_19593985.jpg

奥のピークが稲包山。いくつかあるトレイルの中、景色が良さそうだからという安易な理由で三国峠からの縦走路を選んだわけだけど…



結構なアップダウンで結構キツい。しかも早朝の朝露地獄でビショ濡れに…。挙げ句の果てにマダニが何匹も足にくっついてきて精神的にキツいorz



e0329049_19593986.jpg

トレイルはいい感じだし人もいなくて最高なんだけどな…。ヒルはいなかったけどマダニは10匹近く弾き飛ばしたよ…



e0329049_19594021.jpg

三国トンネル(群馬側)から1:50位で山頂へ。まだ7時前でしたw



e0329049_19594093.jpg

県境トレイル未整備区間の山々。期待が高まるなw



e0329049_19594096.jpg

平標山と仙ノ倉山。奥の方に万太郎山とか。



e0329049_19594178.jpg

そしてスパトレイルの舞台を眺めてみるw



存在は知っていたけどなかなか来る機会がなかった稲包山。山頂からの眺めは最高だったけどマダニとかヒルとかこの時期はイメージ良くないな。



帰りもマダニを弾きつつ、三国峠からはヒルに気を付けつつかっ飛んで1:10で下山。ゆっくり景色を眺めてのんびりと〜のつもりが登り以外はほぼ走ってしまうという結局いつも通りの感じになってしまったw





…これで残りあと1週間。走るのは町内一周くらいを一度やっておいて、ここ2週間続けている禁酒、それと男として試しておきたいオナ禁も一週間やって本番としましょう。個人的には持病の長脛靭帯炎さえ出なければなんとかなるだろうと思う。




e0329049_20153291.jpg

スパトレイルの相棒はロンピ2.5で行く!



ここまでやったらあとは根性しかないっすね。俺たちの大好きな根性論。72kmの旅を根性で乗り切る。楽しむ事は…キツくて多分出来ないだろうけど、とにかく根性論で草津を目指しますwww



おしまい



















by gyalic_18000 | 2017-06-18 17:58 | その他 | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30