燕岳 年越し編

e0329049_18434264.jpg
今年の年越しは燕岳で!








去年から年越しは山で迎えようぜ!って話になったので今年もどこに行くか相談していた。年末年始は営業している小屋が沢山あるのでどうしようかとインスタを眺めていたら、エマちゃん達が大晦日は山に行くって情報をキャッチ。連絡をとったら燕岳に行くらしいので、合流しよう!って事になりました。

冬季の北アルプスは唐松岳以来で天気もすこぶる良さそう。しかも抜群のホスピタリティーと評判の燕山荘での年越し宴会。そして女子会w との合流。楽しくない訳がない!



バックパックにちょっといい梅酒とビールを詰め込んで、まだ真っ暗な林道をヘッデン点けて歩き始めます。小屋泊なのに何故かとても重いバックパックww



冬季の燕岳は中房温泉手前13km!までしか車で入れず、そこからは歩くしかないんです。基本的に登り基調な雪の積もった林道歩きは正直嫌になる。しかも帰りも…。駐車場も一番近いのがラスト1台でしたw



e0329049_18434333.jpg

中房温泉手前くらいで夜が明けた。2016年最後の夜明け。


e0329049_18434415.jpg

モルゲンロート?もいい感じ。



e0329049_18434419.jpg

e0329049_18434561.jpg

2時間半弱で中房温泉に到着。沢山のテントとハイカーでみんな燕岳を目指すらしい。ツアーの団体もいた。エマちゃん達は6時半くらいに出発して渋滞に巻き込まれてるとの事なので、こちらもゆっくりと渋滞にハマりつつ…w



e0329049_18434680.jpg

今回はチェーンスパイクもクランポンも持ってきたけど登りでは使わなかった。ブーツを蹴り込めば問題無し。



e0329049_18434661.jpg

常にこんな感じでハイカー多し。でも雪は少ない。なのでゲイターも装着せず。




e0329049_18434743.jpg

しばらく歩いていると、前の方から黄色い声が聞こえてくる。やっぱりエマちゃん達だったw


一緒にいたのはインスタで見かけたことのあるマミさん。ここからは4人でキャッキャ言いながら登っていきますよww



e0329049_18434807.jpg

e0329049_18434804.jpg

e0329049_18572232.jpg

e0329049_18572306.jpg

e0329049_18572315.jpg

e0329049_18572496.jpg

e0329049_18572543.jpg

e0329049_18572506.jpg

e0329049_18572616.jpg

もう天気が最高過ぎて文句無し!この日はとても安定していたそうで、絶好の登頂日和だったそうです。

それでも冬季の北アルプス、風も強いし気温も低く…


e0329049_18572665.jpg

自慢の髭はカチコチに凍りついていた。もはや髭氷(しひょう)だな!ww



e0329049_18572791.jpg

お昼前には燕山荘に到着。もう景色がやば過ぎて何も言えねぇ…


e0329049_18572840.jpg

e0329049_19233951.jpg

e0329049_19234004.jpg

e0329049_19234091.jpg




気温は確か−7℃位だったかと。寒いし風も強いけどこんな最高な景色が見れるのなら関係ないね。もう最高過ぎて…

e0329049_19234157.jpg

フォトジェニックとフォトグラファーの狂演www


e0329049_20064246.jpg

e0329049_19234283.jpg

e0329049_20064380.jpg

まさにTHE DAY!!!




とりあえず燕岳に向かう前に燕山荘に宿泊の受付を。今回は全部お世話になろう!って事で1泊2食10800円也。まぁ飲みに行くと思えば安い出費よ…



e0329049_19234209.jpg

ちょうど4人だったので同じ部屋に出来た。ストーブで暖められた部屋、それに布団。もう外に出たくない衝動に4人共に駆られたが…ここでビールを飲んでしまうと即終了なので重い腰を上げて燕岳に出発w


それにしても一部屋4人でちょうどいい位なのにハイシーズンは6人。この狭さに6人。信じられん…!



e0329049_20064453.jpg

e0329049_20064578.jpg

e0329049_19234396.jpg

e0329049_19234483.jpg

e0329049_19234456.jpg

e0329049_20064591.jpg

e0329049_20064640.jpg

e0329049_20064792.jpg

e0329049_20064754.jpg

e0329049_20064858.jpg

クッソやばいな…マジで。まぁ言葉は要らないでしょうww


e0329049_20064950.jpg

2016年ラスト燕岳いただきました!



山頂は狭いので写真だけ撮ってサッサと退散。もうやる事やったので山荘に戻って…


e0329049_20281587.jpg

e0329049_22143239.jpg

乾杯でしょwww


この宴会が今年のラストかと思うと感慨深くも…思わないが、とにかく今年は色々な出会いに恵まれた1年でした。そのお陰で充実した山遊びが出来たと思う。そんな真面目な事を考えながら話していたのはなかなかゲスい内容w

まさに1年の〆に相応しい俺達らしい宴会だな!



e0329049_20281630.jpg

夕飯の前に外に出てみるとちょうど日が沈むタイミングでした。赤く焼けた燕岳が半端なく美しい!



e0329049_20281624.jpg

2016年最後の太陽は槍ヶ岳の近くに沈んでいった…。


e0329049_20281743.jpg

こんなに綺麗な夕日は冬ならではでしょう。前に餓鬼岳で見たのもヤバかったけど、これには勝てない。本当に素晴らしくてしばらく立ち尽くしていたw


e0329049_20281832.jpg

e0329049_20281864.jpg

e0329049_20281926.jpg

最後の最後にこんな景色が見れてとても満足出来ました。もう気分はサイコゥ!サイコゥ!



e0329049_22143369.jpg

e0329049_22143342.jpg

テント泊のハイカーも何組かいたけど、この風の中では大変そうだったな。ケチってテント泊にしなくて良かったと心の底から思ったw



e0329049_22143499.jpg

e0329049_22143568.jpg

e0329049_22143633.jpg

e0329049_22143634.jpg

まぁこんな感じで結構仕上がってます、すでにwww



e0329049_22143771.jpg

山荘に戻って小屋飯をいただきます。山小屋の飯なんて本当に久し振りだったけどやっぱり美味いですね。大晦日だからなのか心なしか豪華に感じた。白飯おかわり放題なんてたまらないでしょ!



e0329049_22143801.jpg

それにしたってこの合宿?修学旅行?感ときたら。食堂が空くまでしばしの部屋飲み。ブランドレ○プw の話をしていて、周りのお客さんからしたら何言ってんだアソコのパーティは!って思われたろうw

この時間は主にナメトークの打ち合わせ。これ実現したらマジで楽しいだろうな〜絶対に無理だけどwww



9時くらいから食堂で年越しの飲み!約3時間、飲み続けて最後にエンジン掛かって暴走しかけたがとても楽しい夜でした。エマちゃんにもらったちょっと黄ばんだポン酒にトドメを刺された!

そして新年へのカウントダウン、12時になって

「あけましておめでとう〜!」

って言った瞬間に落とされる灯りorz

なんの余韻に浸る間も無く強制的に退去させられましたとさ 笑



夜、歯磨きで外に出ると吹雪いていた…。翌朝の御来光は果たして?と思いつつ、快適な布団で眠りについた…zzz





e0329049_22185105.jpg

翌朝。


6時くらいに重い腰(二日酔い)を上げ、朝飯を食べに行く。まったくそんな感じはしないが今日は元旦。おせち料理をいただきます。おせちなんて5年は食べてないw



e0329049_22185205.jpg

e0329049_22185352.jpg

その時に山荘の方に聞くと外はガスって御来光は絶望的だと。確かに外に出ると軽く雪が飛んでいて何も見えない。残念だけどこればかりは仕方ないので部屋に戻って二度寝と洒落込みますかw


周りのハイカーがどんどん出発する中、9時くらいまでなら部屋にいてもいいというのでのんびりとしてから山荘を出た。



e0329049_22143833.jpg

e0329049_22185356.jpg

気温は−13℃くらいでも風がそこまで強くないのが救い。合戦小屋までは急な尾根の下りなので一応クランポン装着。実際は無くても問題なかったけどw



e0329049_22185427.jpg

e0329049_22185540.jpg

e0329049_22185652.jpg

e0329049_22185611.jpg

e0329049_22185706.jpg

e0329049_22185875.jpg

最初はガスってダメだね…なんて言ってたけど


e0329049_22480213.jpg

e0329049_22480343.jpg

下ってくると晴れるのはよくある話w



合戦小屋まで降りてくるという気温は−5℃まで上がっていた。クランポンを外し、スノートレイルを滑り降りていく。これがなかなか楽しかったな。



e0329049_22480309.jpg

e0329049_22480459.jpg

樹林帯に入っていくと景色は変わっていきハイクの終わりが近づいて…



e0329049_22480512.jpg

中房温泉についてしまった…orz


とても楽しい2日間だったし終わってしまうのが本当に憂鬱。このあと中房温泉泊の2人と別れあのクッソ長い林道を下らなければならないので余計に拍車を掛けるorz


e0329049_22480570.jpg

エマちゃんマミさんには感謝感謝!めちゃ楽しい2日間でした!また近いうちに雪山行きましょう!!



e0329049_22480671.jpg

ズーン…と沈んだ2人は無心で林道を歩き続けます。途中で猿の大群と遭遇しつつ往路と大して変わらない2時間10分で戻ってきました。足が棒になるとはこの事かって位に疲れた。あの距離なら走っちゃった方が断然楽だわw



帰りの車中から眺める夕日に染まった山を眺めていると出るのはため息ばかり。そんな時に聴く

ovall「sun shower」

はヤバ過ぎますね。天気が良過ぎるのも考え物かw




e0329049_22480797.jpg

遊んでくれた3人には頭が上がりません。ありがとう!




……そんな感じで今年もガンガン山に遊びに行こうと思ってるので拙いブログですが2017年もよろしくお願いします!


e0329049_22480817.jpg

謹賀新年!



おしまい



































Commented at 2017-01-03 12:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gyalic_18000 at 2017-01-03 16:36
いつも読んで下さってありがとうございます!

冬季のシューズとの事ですが、僕はVASQUE Snow Junkieを愛用しています。面倒くさがりなのでランシュー+ネオプレンは最初から試してすらいません 笑

詳しくはVASQUEのHPを見ていただいた方がいいと思いますが、使用感としてはよくある厳冬期用のブーツに比べ圧倒的に軽くて違和感は少ないかと。10本爪のクランポンもストラップタイプなら装着可能です。防水性も今の所問題無しです。

一番問題なのは保温性ですが、過去のハイクを考えると−15℃位までなら厚手のウールソックス+防水ソックスで乗りきれちゃいます。多少寒さを感じる程度かと。それ以上の寒さはまだ味わったことがないのでなんとも言えませんが…。ただ、常に雪の中に足を突っ込むラッセル時はかなり冷えると思います。

あとは見た目ですね。まったく好みではないんですが、これは仕方ないので割り切って履いていますw

長くなりましたがこんな感じです。参考までにどうぞ。
Commented by Rt at 2017-01-04 10:23 x
ありがとうございます!!参考にさせていただきます!!
ついに、冬履の世界に踏み出します。これからいろいろ調べて見て履いていきます。

実際の感覚は使ってみないとどうしても分からないもんですが、できれば無駄なく買いたいものですよね。
年明け早々、楽しい記事と丁寧なご返信ありがとうございます!

\(^o^)/
Commented by fuwafuwa at 2017-01-06 11:41 x
初めまして、明けましておめでとうございます。
いつも楽しく読ませてもらっています。
自分新潟なのでいつか山で出逢えることを楽しみにしています☺︎
Commented by gyalic_18000 at 2017-01-06 17:53
初めまして!いつも読んでいただいてるみたいでありがとうございます!
新潟というか魚沼界隈の山は隣県ですけどほぼホームです 笑
いつかお会いした時はお気軽に声掛けて下さいね〜w
by gyalic_18000 | 2017-01-02 18:06 | 北アルプス | Comments(5)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30