足尾山塊

e0329049_20511747.jpg
快晴の足尾へ。








世間はクリスマスイブ。世の男女、ファミリーは家やオシャレな店でターキーでも突きつつ、美味しい酒やシャンメリーでも飲んでいるんでしょうか?

そんな僕にクリスマスは関係無し。何故なら嫁が1週間ウィルス性の胃腸炎にかかっていて病上がりなのでw

「どうせアレだし山でも行ってくれば?私、クリスマス的なディナーはまだ無理よ…」

という事でクリスマスムードには程遠い玄人好みで渋い山、足尾のエリアに向かうことにしました。

まぁ前日嫁に頼まれた米粉クッキーを越後塩沢の牧之通りまで買いに行った時、あまりの雪っぷりに谷川界隈でスノーシューもいいな!って思ったけどやっぱり足尾だろーと。


しかし!久しぶりにかなりの寝坊をかましてしまい家を出るのが8時過ぎになってしまった…。やろうと思っていたルートが某ピークのバリエーションだったので時間的にかなり微妙。とりあえず行き先をまだ行ったことのない袈裟丸山に変更するも登山口への林道は全面通行止め…。



この時点でもう戦意喪失しかけ、松木沢のジャンダルムでも見に行くかーなんて投げやりになっていたが、地形図を眺めていると一つのピークが目に付いた。

中禅寺湖南岸の半月山から南に延びる尾根の末端にある赤倉山。この山なら間藤駅の先の林道からアプローチ出来そうだし、ヤバそうなガレ場や岩稜のマークも無い。もっとも尾根の南端から詰めようとすれば見るからに危険そうだが…。




e0329049_20511859.jpg

結構状態の悪い林道を終点まで。出発は10時を過ぎていた…w



e0329049_20511953.jpg

深沢を渡り対岸のトレイルを北へ向かう。途中から猿の群れと一緒になり、しばらくは付かず離れずの距離を歩いていたww


どうやらこのトレイルは半月峠への廃道のようだ。昔の石垣やらが散見していました。



e0329049_20511943.jpg

まずこのボルダーが目を付けていた尾根の末端。でも見るからに急なので却下して先へ進みます。



e0329049_20512041.jpg

すると不意に現れる立派な石垣。神社の跡地か何かなのかな?

e0329049_20512150.jpg

こんな石像も上から見守っていた。



e0329049_20512211.jpg

ルート的にはここの沢筋の左岸尾根に出て1314m地点に向かうのが良さそうなので植林帯を這い上がります。



e0329049_20512362.jpg

鹿除けの柵がウザったい尾根の登りw



e0329049_20512356.jpg

e0329049_20512422.jpg

これが登山道の無い山に見えます?なんて明瞭な、そして静かで素晴らしい尾根!



e0329049_21080420.jpg

思わず走り出してしまうw



e0329049_21080566.jpg

e0329049_21080611.jpg

1314m地点を過ぎると突如針葉樹林帯になり笹原が広がった!


鹿道に導かれ登って行くと…


e0329049_21080638.jpg

e0329049_21080700.jpg

e0329049_21080899.jpg

一面の笹の海になった!




e0329049_21080902.jpg

e0329049_21080965.jpg

決して周りが開けているわけじゃない。樹林の隙間から日光連山や足尾山塊が見えているだけだがこれはこれで本当に素晴らしい!



e0329049_21081061.jpg

e0329049_21081102.jpg

特に山頂直下からの眺めなんてもう!正面の山は夕日岳や地蔵岳の稜線です。


もちろん鹿糞は多いし笹の背丈も腰くらいまであるのでテント張って〜なんてのは向かないと思いますが、のんびり歩くにはとてもいい山ですねw



e0329049_21352564.jpg

地味で何も見えないピーク。長居は無用ww



e0329049_21352640.jpg

さようなら笹の海w




e0329049_21352763.jpg

鹿道を拾えばとても歩きやすい。少しでも外れると笹の葉が引っかかり不快です…


e0329049_21352868.jpg

帰りは北東に延びる等高線の開いた尾根を拾い、1400m付近の小ピークから東に降りていきます。もっと北に行ってもよかったけど、時間無いしorz



e0329049_21352962.jpg

途中の尾根の分岐は右へ行き、適当な斜面から支流へ降りて沢沿いを下ると半月峠への廃道に出た。あとは南に下っていけば良いだけです。




e0329049_21353085.jpg

人が通らないのか落ち葉の堆積量は半端じゃない。何回もハマってコケそうになったw



e0329049_21353105.jpg

こんな標識もある。



駐車場に戻ってきたのは1時前なので3時間弱のショートルートでした。思いがけず行ってみた山だったけど、上にあんな場所があって最高でした。


帰ってからネットで調べてみたら今回とったルートで登っているハイカーが多いようです。考える事は一緒か…。



e0329049_21353292.jpg

いや〜足尾ポテンシャルヤバいな…!年内もう一回行ければ大平山だ!




e0329049_21353321.jpg

おしまい



















by gyalic_18000 | 2016-12-25 20:03 | 栃木の山 | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31