楽しい方達と行く谷川岳馬蹄形

e0329049_20012810.jpg
快晴の谷川岳馬蹄形を決めてきた。









off the grid の時にインスタで繋がってるタカさんに会って、群馬に来る時は連絡して下さいと言っておいたら早速、

「土日で谷川岳馬蹄形を歩くんでどうですか?」

とお誘いいただいた。週末は団長とどこに行くか検討中だったし、ヤツは地元のくせに谷川岳にまだ行ったこともないw

考えるまでもなくOKの返事をして土曜の始発で沼田に来た団長を拾い、土合に向かう。

出発したのは9時過ぎ。初日は清水峠でテン泊なので4時間強で行けるでしょうとの目論見。タカさん達は6時半くらいに出発してるしどこかで追い付ければいいなーと思い飛ばし気味でスタート。

e0329049_20012812.jpg

いやぁ白毛門の登りはやっぱりしびれる!登っても登っても続く急登。根っこ剥き出しのトレイルも辛い…

e0329049_20012872.jpg

一ノ倉沢をバックに登る。天気良すぎて暑いけど森林限界を超えて風が気持ちいい。

e0329049_20012965.jpg

およそ1時間半強で白毛門に着いた。かなりいいペース。それ故にコーラの減りが早くて心配になる。今回は2本体制だったなー失敗したw

e0329049_20012935.jpg

次は笠ヶ岳。去年はここで熊に遭ったんだよな…あれは怖かった。

e0329049_20013099.jpg

笠ヶ岳。なんか着てる服の色が被りすぎててあやしい…w 決してゲイじゃありませんよww

実はここに到着した時点ですぐ下のカマボコ型の避難小屋のところにタカさん達がいるのを確認してましたw

正直ビール5本持って歩くペースじゃなかったかw

e0329049_20013055.jpg

やってる?w

e0329049_20013048.jpg

朝日岳の近くで追い付いた。こういう時ってめちゃくちゃテンション上がりますねー!

タカさんとサイトウさん、atelier Blue bottleのツジオカさんのパーティ。サイトウさんとツジオカさんは初めましてなので自己紹介も兼ねて少し話をしていく。

e0329049_20013123.jpg

atelier Blue bottleは有名なULバックパックのメーカーなので雑誌とかネットでツジオカさんの事は知っていたけど、まさか一緒に山を歩く時が来るなんてね。人の繋がりって本当に面白い。

…と言いつつ清水峠で会いましょう!って事で僕らは先に行かせてもらいますww

e0329049_20013198.jpg

去年はここで雨のピークを迎えてレインウェア着込んだ。それくらい最悪な天気だったけど今回は最高の天気。朝日岳は天気がいいとこんなに景色いいんだなー。

e0329049_20392314.jpg

e0329049_20392379.jpg

優雅な朝日ヶ原を行く。越後三山の方も見えて気分いいねw

e0329049_20392328.jpg

ジャンクションピークから巻機山への藪稜線に少し突入してみる。この日は檜倉山辺りに人が入っていたみたい。夜明かりが見えたので。それにしてもここを真夏に踏破したペロさん本当にヤバい!僕らには無理だな…

e0329049_20392419.jpg

ジャンクションピークから清水峠までは何気に長くて飽きるけど、ただ下るだけなので小走りで。

e0329049_20392413.jpg

巨大な鉄塔。清水峠と言えば送電線。でもこれが無ければもっといい景色なんだけどねw

清水峠に着いたのは14時前か。テン場には先客1人。最初に張ってしまおうと思ったが我慢出来ずにビア1本投入ww

e0329049_20392529.jpg

khufu cerro silとCTF3…と送電線巡視小屋。三角の屋根が3つ。ゼルダの伝説で言うとトライフォース。ゼルダ好きとしては撮らずにいられなかった。

幕張って外で駄弁ってると御三方が到着。

e0329049_20392576.jpg

皆さんの幕。タカさんはterranova laser competition 1、サイトウさんはNEMO、ツジオカさんは韓国のメーカーZEROGRAM。

ZEROGRAMは初めて見た。このモデル、ZERO1というモデルで重量630g。フロア有りで土間もあって入口2つ。これかなり良いみたいです。すごく使いやすそうだった。重さも我慢出来る範囲だし、もし新しい幕を買うなら候補に上がるのは間違いないだろうな。

e0329049_20392636.jpg

今日は僕君で。暑くて多少温いけど美味い!

e0329049_20392620.jpg

みんな張り終わったら改めて乾杯で!この瞬間の為にビール担いできた。最高!酒と下ネタは人の距離を縮めるねwww

e0329049_21132071.jpg

e0329049_21132123.jpg

e0329049_21132111.jpg

陽が落ちてもそんなに寒くない。こんなに天候の安定してる谷川岳も珍しい。それにしても夕焼けが綺麗。ここ最近見た中でも1番の夕暮れだった。

e0329049_21132130.jpg

マジックアワーと言うヤツですか。なんか余計なのが写ってるが、悔しいけどいい写真。イケてるww

e0329049_21132209.jpg

日本海に沈んでるんだろうな。最高の初日を締めるに相応しい日の入りだった…

で、日の入りと同時にジャンクションピークから燃えるような月明かり。タカさんが「火事!火事!」って間違うくらいの。夜はこの月明かりでヘッデン要らないくらいだった。

皆さん寝た後も団長と2人で夜空を眺め人工衛星を延々と探していた。あ、マジでゲイじゃないですよ!?w

虫の気になるこの季節。ルタロクラのビビィは本当に重宝する。バグネット付きのフルクローズ仕様だしDPTEのD環で吊ってやればお手軽蚊帳付き寝床の完成。ビビィであるが故に少々暑いけど。お陰で虫を気にせず寝る事が出来ました。



翌朝。

e0329049_21132272.jpg

隣のツジオカさんが起きて飯の準備をしている。iphoneを確認すると、さ、3時!?

は、早い…

でもまぁ2時過ぎに目が覚めてからウトウトくらいだったので自分も起きる。全く寒くないし風もないし夏の到来を予感させる。

ツジオカさん曰く、「寝言言ってましたよ?」との事。初めましてで寝言を披露してしまうあたり、恥ずかしいな自分!と思わざるを得ないな…

リフィルとコーヒーで朝食を済ませ、とんでもなく結露したkhufuを畳む。ジェイワイパーで拭き取るのも億劫なレベルだったので軽く拭いてスタッフサックに詰め込んだ。

e0329049_21132281.jpg

朝一の急登の辛さたるや!
e0329049_21132302.jpg

そして牧歌的!という言葉がこれほどしっくりくる場所もなかなか無いだろう清水峠。

e0329049_21132354.jpg

2日目の夜明け。今日もいい天気になりそうだし暑くなりそうだ!最高のハイク日和でしょうw

e0329049_21314569.jpg

谷川岳も朝日で赤く染まってます。

e0329049_21132472.jpg

e0329049_21314630.jpg

e0329049_21314629.jpg

この辺りは笹のトレイルが気持ちいい。何を撮っても絵になる風景。すごく山深いが隣町なんだよなーここw

e0329049_21314775.jpg

e0329049_21473073.jpg

七ツ小屋山にて。どうですか、このボルヴィック感!とはツジオカさん談w

確かにいいよこの景色。ボルヴィック感ある。

e0329049_21314724.jpg

e0329049_21473082.jpg

空も青い。いやー本当に来て良かった!天気が良過ぎる!!

e0329049_21314737.jpg

蓬ヒュッテ。まだ営業はしてない。ここで団長以外は水場へ向かう。

e0329049_21314823.jpg

予想外に下らされてようやく。TENGAトークが激アツだった。やっぱり下ネタは万国共通という事で落ち着いたw

e0329049_21314843.jpg

頭部と片腕しかないウサギの死体にビビりつつ出発。白のPAC-03が映えますね〜

e0329049_21314816.jpg

e0329049_21314952.jpg

歩いてきたトレイルが眼下に。自分が歩いてきたトレイルが見渡せるのも馬蹄形のいいところ。あんなところから歩いてきたんだ!って。それにしても素晴らしいトレイルだなぁ。

e0329049_21473162.jpg

e0329049_21473251.jpg

武能岳。結構な登りだったが…

e0329049_21473266.jpg

1度ドーンと降って茂倉岳へ350m強の登り返し 汗

皆さんそれに対しての愚痴しか出てこないww

この辺りまで来るとブヨが発生してきた。虫に刺されやすい自分は天然由来のものが効かず、人の作り出した薬品(サラテクト)を大量噴射でやり過ごす。

e0329049_21473291.jpg

e0329049_21473380.jpg

e0329049_21473311.jpg

本日最大の山場に照りつける太陽。上がり続ける気温。さすがに辛い…

e0329049_22073319.jpg

まだもう二登りくらい…

e0329049_22073424.jpg

e0329049_22073480.jpg

お、お疲れですね…

e0329049_22073523.jpg

漸く茂倉岳に到着。

「前を歩いてる女の子が可愛いんだよ〜」とみんな言うのでサングラス越しにガン見したら確かに可愛かった。羨ましいな…クソっ…

e0329049_22073552.jpg

オキ&トマの耳をバックにULハイカーがやりがちなヤツをやっぱりやるw

団長のThreeだけが白じゃない…。最近流行りのKYってヤツですかw

e0329049_22073542.jpg

残雪ゾーン。

e0329049_22073637.jpg

そして大雪原風w

e0329049_22073659.jpg

e0329049_22073670.jpg

一ノ倉岳を過ぎるとハイカーも増えてきますね。茂倉岳までは行く人多いんだろうな。そういうハイカーからしたら

「あいつら何をあんなに疲れてんの?」

って感じだろうが、僕ら馬蹄形ですから!今日も5、6時間歩いてますから!ですよ…。

e0329049_22073748.jpg

ノゾキから一ノ倉沢。今日はラッキーな事に衝立岩付近にアルパインクライマーが何人か取り付いてて見る事ができた。相変わらずアルパインには食指が動い向かない。怖いからorz

e0329049_22292020.jpg

そしてノゾキをノゾく人達。団長の髭ハンパねぇな…。すれ違いのハイカーが「髭!あの人髭!」って言うくらいだからな。こいつはアレだ、男根と髭だ。ハンパねぇ…

e0329049_22292015.jpg

激混みのオキ&トマはそこそこに肩の小屋に向かいます。頼むから営業しててくれー!と願いながら。

e0329049_22292180.jpg

そしてコレです!冷えたコーラ!一本足りないけど…

やっぱりコーラは正義だ。こんなに美味い飲み物はビールかコーラかマウンテンデューしかないでしょw

当初、団長と自分は西黒尾根で下山しようと思っていたが、よくよく考えたら主脈縦走やる時に使うし面倒だから天神尾根でいいやって。もう頭の中は天神平でカツカレーw

e0329049_22292106.jpg

肩の小屋直下は今回のルート中最大の残雪ゾーン。調子に乗って滑りながら降っていたら…

このあとサイトウさんが暴走して2日間で1番の笑いを取りました。あれはズルい!怪我なくて良かったけど。

e0329049_22292249.jpg

e0329049_22292214.jpg

天神尾根は思っていたより混んでなくてほぼ快適に下る事ができた。ただ暑い…

e0329049_22292261.jpg

今回のゴール天神平に到着。皆さんお疲れ様です!

e0329049_22292382.jpg

全てをスルーし展望レストランへ。

e0329049_22292320.jpg

コレですよコレ!前回の馬蹄形で会った船越英一朗似のオッチャンが言ってたカツカレー。オッチャンがやたらに美味いって勧めてくるもんだから今回は僕がみんなに勧めた。結果、美味かったから良かったんだけどねw

あとは優雅にロープウェイで降って土合の駐車場まで歩き終了!

タカさん達は水上から高速なので、その前にある鈴森の湯で団長の男根による思い出の上書きに成功し解散したw

真っ白な霧に覆われた前回の日帰り馬蹄形は景色を楽しむことなんて出来ずただの修行だった。今回はその時味わえなかった全てを楽しめている。後で嫌な事起きないだろうな〜と思ってしまうほど。それくらい楽しかったし新しい出会いはやっぱりいいなー!

誘ってくれたタカさん、ありがとうございます。今回のハイクの流行語2つ。これをハイクのキーワードにまた御一緒させて下さいw

e0329049_22292441.jpg

サイトウさん、ツジオカさん、タカさん、これからもグンマーズをよろしくです!

おしまい。



















by gyalic_18000 | 2016-05-23 18:50 | 群馬の山 | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31