尾瀬

e0329049_20022955.jpg
GW最終日は尾瀬に行ってきた。









まぁ最終日と言っても世間は!というだけで僕にとっては普通の週末。金曜は普通に仕事だったし…。

予定では久しぶりに将監小屋に張って1泊を考えていた。主人が亡くなってしまってどうなったのか。妙に気になっていたんだよな。何気にあの辺り好きなんです。

全ての準備をしていたのに当日アラームが鳴るも眠すぎて起きれず…気付いたら10時過ぎorz

さすがに3日からろくに寝てなかったから無理だったか。気持ちを切り替えて日曜に尾瀬に行くことにした。今ならハイカーも少ないだろうって算段。それに行きたい所もあったし何より近いw

e0329049_20022983.jpg

この時期はまだ鳩待峠まで車で入れる。家を出て1時間弱。いやぁ近くていいなぁw

ちなみに戸倉に車停めてタクシーなりバスなり使うと往復1860円+P代1000円。鳩待峠に停めればP代2500円だけで済む。こっちでしょ!

それにしても風が強いし想定外の寒さ。グローブを持ってこなかった事を激しく後悔する。ツルギジャケットのフードまで被り出発。

e0329049_20022945.jpg

相変わらず木道の整備が、半端ない。

e0329049_20023066.jpg

山ノ鼻に到着。トイレが使える事に感動w

e0329049_20023070.jpg

e0329049_20023046.jpg

e0329049_20023107.jpg

e0329049_20023137.jpg

e0329049_20023142.jpg

何がキレイって風で水面が波立ってる池塘ですわ。前回はキレイだなーくらいにしか思ってなかったけど今回は本当にキレイで同じような写真を撮りまくってしまったw

e0329049_20023280.jpg

見晴に到着。ここから尾瀬温泉小屋に向かいます。

e0329049_20411012.jpg

尾瀬と言ったら水芭蕉でしょ!まぁ会社のトイレの裏よりはキレイでした。ってかあと1週間遅かったら見頃だったなー

e0329049_20411014.jpg

尾瀬温泉小屋。まだ冬季休業中でした。さらに先に進みますよ。

e0329049_20411164.jpg

しばらく行くと木道が終わり普通のトレイルになります。せっかくなんで走って行きますか!団長もレースで50km走ってることだし!

e0329049_20411196.jpg

まずは平滑の滝。尾瀬ヶ原から流れ出た水が長大なナメを形成してます。

そしてここからさらに下ると今回の一番の目的が姿を現した。す、すごい…

e0329049_20411132.jpg

三条の滝です。尾瀬ヶ原から流れ出る全ての水が只見川になる。それが落差100m幅30mの規模で落ちるのがこの滝です。これが見たかった!滝好きな嫁とは見にこれない滝なので漸くです。

観瀑台に立つととんでもない迫力!飛沫もとんでもない。写真じゃ伝わらないがとにかく凄い規模の滝です。今まで見た滝の中でもっとも凄いかもしれない。

尾瀬沼、尾瀬ヶ原の陰に隠れて訪れる人少ないかもしれないが、見晴から往復2時間くらいだしオススメですよw

e0329049_20411247.jpg

ちなみに観瀑台は冬季仕様でした。この時期行く人は自己責任で。

e0329049_20411235.jpg

ここの通過には気を遣います。落ちたらまず助からない。

e0329049_20411345.jpg

この渋沢温泉が実は気になってる。テントは張れないらしいが温泉だけで行きたくなるでしょ。そのうち燧ヶ岳、至仏山と歩く時(実はまだ登れてない)は見晴泊ではなく渋沢温泉泊もアリだねw

e0329049_20411332.jpg

途中でコーラ休憩。今日は気温が低いからコーラも温くならなくて素晴らしい。

e0329049_20411362.jpg

見晴は桧枝岐小屋と燧小屋が営業していた。GWなのにハイカーが疎らだったのは驚いた。もっとワイワイしてるのを想像していたので。

e0329049_20484711.jpg

見晴のテン場には一張りのみ。このテン場の奥にトレイルが続いてます。ここから富士見峠まで続く八木沢道。入口がちょっと分かりづらい…

e0329049_20484894.jpg

この橋を渡ると群馬県。なかなか怖いですコレ。

しばらくはフラットなトレイルを歩きます。しかしここを歩く人はこの時期だとほとんどいないらしく今回も自分しか歩いてない。必然的に熊のリスクが高まるわけで保険で持ってきた熊鈴をガンガン鳴らして歩かざるをえない。

e0329049_20484887.jpg

昼場という水場でソーヤー直飲みスタイル。別に水もコーラも余ってたけどせっかくだしw

e0329049_20484934.jpg

e0329049_20484929.jpg

水場を過ぎると残雪が多くトレイルが分かりづらい。しかも結構な確率で踏み抜くし…。これが鳩待峠近くまで延々と続いた。これには参りましたよ…

e0329049_21033841.jpg

2時間かからないくらいで富士見小屋。冬季休業と思いきや営業を止めてしまったらしいです。景色いいのにね。残念。

e0329049_21033959.jpg

e0329049_21033983.jpg

e0329049_21034077.jpg

富士見小屋からはさながら天空の歩道。日光方面の眺めが良く開けた木道で歩いていてとても気持ちがいい!

e0329049_21034029.jpg

日光白根山から南に延びる稜線が魅力的。袈裟丸山まで繋げれば最高だけどマイカーだと厳しいな、やっぱり。

e0329049_21034122.jpg

今回のもう一つの目的がアヤメ平に訪れること。なんとなく平ヶ岳を小規模にしたような印象の高層湿原。思ってた通り素晴らしい!

e0329049_21034242.jpg

e0329049_21034232.jpg

e0329049_21034243.jpg

やっぱり池塘がいい感じだ。

標高高くて結構寒いけど長めに休憩しといた。前橋から来たオッちゃんと話が盛り上がったけど、赤城山を武尊山だと思っていたのでそこは優しく

「違いますよ…あれは赤城山であっちが武尊山です」

と教えた。気に入ってもらえたのか、

「またどっかの山で会えたらいいよな!」

と言って、アンパンをもらったw

e0329049_21034311.jpg

オッちゃんが下山した後は貸切のアヤメ平。こんな素晴らしいロケーションなのに誰もいないなんて。勿体無いな〜

e0329049_21154665.jpg

至仏山と越後の山に向かって鳩待峠を目指す。ここに来ると越後の山との位置関係が面白い。平ヶ岳とかめちゃくちゃ近いし。好き故に見ていて飽きない景色。

e0329049_21154668.jpg

2時くらいに鳩待峠に帰ってきた。途中の泥々トレイルには辟易したが。

ちょっと寒かったけど天気も良かったし尾瀬をチョイスして正解だった。でも今月中に将監小屋には行ってみようかな。

e0329049_21154769.jpg

おしまい





by gyalic_18000 | 2016-05-08 19:43 | 群馬の山 | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30