OMMに向けて

e0329049_21111135.jpg
ここのところ3週間はOMMのトレーニングしてました。









いよいよあと1週間に迫ったOMM嬬恋。自分らがエントリーしたスコアのロングは2日間で約13時間動き回るロゲイニング方式です。

そのトレーニングとして2週間は読図やコンパスワークで道の無い山や読図必須な山に行ってました。

e0329049_21111126.jpg

e0329049_21111251.jpg

e0329049_21111285.jpg

最初は赤城へ。鈴ヶ岳の南面のだだっ広い尾根から鍬柄山を目指した。のっけから登山道は無視してコンパス直進で進んでいきます。

鍬柄山までの間に6箇所くらいポイントを設定してそこを通過していくシステム。Field Accessを使えば答え合わせも出来るので。

初めてのコンパスワークにしては完璧なルートファインディングで6箇所中4箇所はドンピシャw もう2箇所も誤差20mってとこだった。

e0329049_21111398.jpg

この日は凄まじく風が強くて参ったな〜。油断すると地図が飛ばされるレベルww

e0329049_21111381.jpg

人の気配を一切感じない森はすごくいい雰囲気。

e0329049_21111435.jpg

翌週は西上州のマムシ岳へ。

ここは藪岩魂に載ってて最上級ルートになってる。まぁコンパスが使えるようになった今なら問題なくいってこれるでしょw

e0329049_21111470.jpg

e0329049_21111400.jpg

基本的に尾根に乗ってればいいので、コンパスをセットして常にポイントの方向だけは把握して登っていく。

進むべき方向が分かってると道なくてもほぼ安心出来る。

e0329049_21111528.jpg

マムシ岳頂上。1箇所ものすごく緊張させられるザレと脆い岩のクライミングがあって怖かったな〜。あそこが最大の核心だった。

眺めは半端なくてさすが西上州って感じ。この辺りはまだ入ったこと無い山が多くて(ほぼ全て読図が必須)探索しがいがあるw

e0329049_21472382.jpg

マムシ岳から西に行くとこれぞって感じの藪岩稜線が続きます。

e0329049_21472389.jpg

もう終わってると思ってた紅葉が盛りで最高だったな。

e0329049_21472418.jpg

さらに西に進んで県境稜線まで行って南下、ぶどう峠から車道を走ってくる案も出たけど車道は勘弁って意見が一致したのでさっさと下山。

団長もこの2週で読図能力がアップしたねw 2人共レースでなんとか使えるレベルに仕上がったと思う。

この読図とコンパスで進むハイク、ハッキリ言って面白い!足尾、西上州、今まで二の足を踏んできた道の無い山も積極的に入って行きたくなった。

e0329049_21472462.jpg

そしてこの週末、仕上げとして用意した装備で一晩明かせるか。その実験へ。

このレースは1泊2日なので泊まりの装備も全て担ぐことになる。必然的にパックウェイトも軽く仕上げなければならない。

そうなると防寒装備をどこまでに留めるか。11月の嬬恋の気温、キャンプ指定地は吹きさらしの草原らしいし、相当厳しい状況になるのが予想される。

e0329049_21472498.jpg

玉原高原はその条件に近い場所でこの時期寒くて誰もいない。スキー場がオープンするまでの閑散期を狙って行ってきた。

e0329049_21472507.jpg

と言っても防寒着がどこまで必要か試してきただけw 幕は張ってないし屋根付きの東屋でひたすらクラフトビールを煽ってたww

飲み終わったらその場でシュラフに潜り込んで朝まで耐える予定だったけど、ちょっとオカルト的な事が起きたり雨が東屋内に吹き込んできたりで萎えてしまって車中泊w

それでも23時くらいまで飲んでて相当冷え込んだのでダウンのチョイスはほぼ固まったからまぁいいかww

e0329049_21472551.jpg

食料と水(アルコールも)を抜いた装備。迷ってたのはナノパフとibexの組み合わせで上半身を固めるか、ダウンをフーデッドヘリオスにするか。

気温が確実に−5℃付近になると予想される今回のOMM。寒くて寝られないのは避けたいし多少重くなろうがヘリオスを担ぐことにした。

あとはダウンブーティ。これも必須w

当日は今のところ雨予報…。雨の中の藪漕ぎは勘弁してほしいんだよな。夜の酒タイムもゲンナリしちゃうし。

e0329049_21551338.jpg

とりあえず残り1週間でダウン以外の荷物を最小限に削ってみよう。

おしまい







by gyalic_18000 | 2015-10-25 18:47 | 群馬の山 | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31