谷川馬蹄形

e0329049_21000400.jpg
谷川馬蹄形に行ってきた。









谷川岳といえば馬蹄形。いつかは周りたいと思っていた。という事で今なら日帰りで十分行って来れるでしょうとソロで行ってきました。

早い人だと6時間とか?って話を聞いたことあるので自分の能力では8時間はきりたいなーと。固執はしないけど一応それが目標って事で。

3時過ぎに起床して白毛門登山口に着いたのは4時半前。予報では曇りだったのに想定外の星空が見えています。ヘッデン点けて夜のトレイルに入っていきます。

e0329049_21000567.jpg

よく考えたらナイトハイクのソロは初体験。周りの音に過敏になり怖い。ここはiphoneで音楽を流しながら急登を詰めていきます。

e0329049_21000571.jpg

ホテルニュートーキョーのアルバム1枚聞き終わる頃に夜が明けてきた。雲は多いものの天気は持ちそうな予感。

e0329049_21000622.jpg

松ノ木沢の頭を望む。紅葉進んでますねw

e0329049_21000608.jpg

約1時間半で白毛門山頂へ。このタイミングで湯檜曽川から上がってくる濃い霧。一瞬でガス景色に変わった。

そしてこのガスはこの先延々と続く事に…

e0329049_21000715.jpg

2個目のピーク笠ヶ岳。カマボコ型の避難小屋が有名なのか。

霧に風。心折られる要素プンプンの中、さらなる追い討ちは熊の出現。10m位先の笹薮を猛烈な勢いでガサガサ…黒い物体が見えた瞬間、硬直した。こっちに来なかったからいいもののもし鉢合わせたら!

山中で熊に遭うのは2回目だけどソロだと本当に血の気引きますね〜。

e0329049_21000764.jpg

気を取り直して朝日岳。晴れてれば池塘やらで素敵な景色なんですが。雨まで降ってきて本当に心折れそうorz

e0329049_21000870.jpg

木道と草紅葉がいい感じ…と思うしかないw

e0329049_21000975.jpg

ジャンクションピークから巻機山への藪稜線の分岐。のっけから藪ってますw

ここから清水峠へ下っていきます。ようやく反対回りで馬蹄形縦走しているハイカーがチラホラ。熊の事もあったので安心感半端ないww

e0329049_21000911.jpg

めちゃくちゃ滑る赤土トレイルに辟易した頃、白崩避難小屋に着いた。霧が凄すぎて景色が見えないからここまで進んできた実感ゼロw

清水峠からはエスケープ可能になります。もう心は折れかけてますがとりあえず蓬ヒュッテまでは行こうと決める。

で、清水峠を過ぎてしばらくした時だった。今日は多分くるだろうな〜とは思ってたけどやっぱりきた耐え難い便意orz

去年、野◯ソ王の称号を得たので今年は一度も野◯ソしていない。だからなんとか蓬ヒュッテまで我慢したかった。ただただ無心で七ツ小屋山を越えて蓬ヒュッテを目指します。

e0329049_21230760.jpg

なんとか耐え切れたww

濃霧の蓬ヒュッテに到着。トイレありますか?と聞くと1回500円!だと言う。でも背に腹は変えられまい…。

この500円という高い値段は携帯トイレの購入代金。仕方ないよねw

とにかく助かった!蓬ヒュッテ自体も8月に新築したばかりなので綺麗だったし。

e0329049_21230756.jpg

これが蓬ヒュッテのテン場。天気良ければ最高のロケーションなんだろうな。ビールは1本600円也w

e0329049_21230896.jpg

スッキリしたところでこの分岐。湯檜曽川沿いの旧国道に降りるか茂倉岳へ向かい馬蹄形に進むか。

精神的に楽になっていたし逆から来るハイカーにも結構会ったしで予定通り馬蹄形へ進む事に。

e0329049_21230826.jpg

何も見えない武能岳。

e0329049_21230836.jpg

笹平と言われる所もこの感じ…orz

e0329049_21230958.jpg

茂倉岳への登りは反時計回りの山場。景色が見えない分、先が見えないから気は楽w

山頂には2組くらい。もう1900m超えてるのでここからは楽です。

e0329049_21230973.jpg

一ノ倉岳の避難小屋。

e0329049_21230920.jpg

中はこんなもの…。ゴミが半端ない。使った人、これくらい綺麗にしていきましょうよ…

e0329049_21231006.jpg

ノゾキもガスってる分、まったく高度感無し。

e0329049_21231041.jpg

e0329049_22350005.jpg

この辺りまで来ると一瞬でもガスが晴れる時が多くなってきた。笹と紅葉の赤が素晴らしいです。

e0329049_22350196.jpg

ようやくオキの耳。この後トマの耳にも寄って行った。こんな天気だしハイカーなんて殆どいないだろうと思っていたけどさすがに多すぎますね〜

帰りは西黒尾根から降りる予定でした。でもここまでの濡れた岩にかなり気を遣っていたので岩尾根の西黒尾根は遠慮したかった。

e0329049_22350104.jpg

結局天神尾根で。このチョイスははっきり言って失敗だった。とにかく人が多くて思うように進めない。挙句の果てにガスが晴れてきて岩も乾いてきた…

e0329049_22350166.jpg

e0329049_22350239.jpg

このタイミングで晴れるとは!困ったものです…

天神平ロープウェーに着いたのは12時半過ぎ。最終的に8:15掛かりました。濡れた岩、便意によるスピードダウンなど考えると8時間は余裕で切れそうだし7:30きりも多分いける。

自分はガチランナーではないし、普段のハイクで1日の移動距離を延ばしたいから走っているのでこの位のタイムでも満足。なにより昔は無理だと思っていた日帰り馬蹄形縦走を普通にこなせたのが嬉しかったな。

天神平から馬蹄形を見ているとよく行ってきたな〜と思う。出来れば縦走してる時に反対側の稜線を眺めたかったけどね。

e0329049_22350397.jpg

船越英一郎似のおじさんと30分くらい談笑して文明の利器で下山。

e0329049_22350363.jpg

無事に回ってこれました。

e0329049_22350481.jpg

e0329049_22350487.jpg

ハナゲ沢で泥々になったシューズにバーサライトパンツを洗って自分もアイシング。時期的にギリギリの冷たさww

e0329049_22350501.jpg

次は晴れてる時にゆっくり1泊で来たいな〜おしまい










Commented by ハリクリ at 2015-10-02 22:09 x
お疲れした!

しかし悪条件なのに速いですな!
自分は10時間切りがやっとこさでした。
正直このコースはガスってる時はやりたくないです、、、絶対に気持ちが折れるw

ウブさんの脚だと移動手段さえ確保できたら馬蹄〜主脈1dayもいけるのでは?
Commented by gyalic_18000 at 2015-10-02 22:49
ちょっと色々とトラブりましたがまぁまぁの時間ですかね。と言いつつもっと巻きたかったっすねーw 馬蹄形+主脈となると…やってやれないことはないと思うけどやりたくはないです!!
by gyalic_18000 | 2015-09-30 20:12 | 群馬の山 | Comments(2)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31