四阿山

e0329049_19105343.jpg

トレーニングのつもりが色々と問題が発生した1日になった。




今回はソロなんでトレランのトレーニングとして20km以上を本気で攻めることにする。ターゲットは四阿山。笹原が多く、走れるトレイルも多そうだしアップダウンもある。仮想『片品村スカイビュートレイル30km』にはちょうどよさそう。

e0329049_1821078.jpg

家から15分で嬬恋方面の雲の多さにドン引きしたけどスタート地点のパルコール嬬恋はこの快晴!まぁここだけなんですがorz

目標は一応5時間台に設定して、わかりずらいスキー場の脇を野地平に向かっていく。

e0329049_1830490.jpg

早朝の野地平。爽やかな湿原で一周1.7km。ウォームアップでここは走っていく。今回、下りとフラットは走って登りはスピードハイクで行こうと。今の走力じゃ登りで走ると絶対に足が終わると確信してたんでw

e0329049_18351169.jpg

この辺りからは最初のピーク浦倉山が見えるんだけど完全に雲の中ですね・・・。先行き不安になる。浦倉山への登りは急登ではないものの、そこら中でトレイルが水浸しになってて不快でしょうがない。

e0329049_18374221.jpg

タイム的にはいい感じで到着。だけど予想以上に天気が悪く、かつ気温も低い。でもここからは須坂市の米子大瀑布に向かって一気に下っていく走れる区間。トレイルの状態も水さえ気にしなければ悪くなくスピードも上がる。

e0329049_18452091.jpg

米子大瀑布が架かる岩壁が見えてくると雲の下まで降りてきたようだ。そしてここまで快調に下ってきたが右膝外側の鈍い痛み。あの症状を思い出す・・・

e0329049_184843.jpg

米子大瀑布の観瀑台。二条の滝がかなりの高さで落ちている百名瀑の一つ。昔、嫁と来たことがあるんだけど自分の足で県を跨いで走ってきたとなると感慨深いものがある。改めて見ると素晴らしいね!

ここから根子岳に登っていく今回の登りではもっともキツいセクション。だけど出発してすぐ右膝の痛みが増していることに気付く。これは認めたくないけど腸脛靭帯炎の再発だ。しかも前回とは逆の右膝。新潟の時を考えると引き返す選択肢もあったけど、あの時よりは明らかに成長してるしなにより癪なんで先へ進むことにした。あ~あ、今回はもう走れない、レースだったら10kmでリタイヤってヤツですわ。トホホ・・・

e0329049_18583541.jpg

こんな怖い橋を渡っていく。そしてしばらく進んだ時、目の前のネマガリタケの藪がガサガサしてるのに気付く。それはもう、明らかに何か動物がいる気配で一瞬で硬直した。「熊だ!」そう思い動けない。逃げれば追ってくるし前へ進む度胸なんて持ってない。ひたすら拍手で威嚇し大声を出す。それでもいっこうに逃げる気配がない。そんなやりとりが10分くらいで白い物が動いてることに気付く。近づくと人じゃねーか!ネマガリタケを採りに来てた人間。聞こえてんならなにかアクション起こせっての!「あ~あ~いいよいいよ」じゃねーっての!本気でビビって損した。そこからはそんな人が多分50人はいた。感じのいいオッサンに聞くとこの辺はネマガリタケが採れるので有名らしい。


・・
・・・気を取り直し登っていくんだけど全然登れない。すでに足が終わってる感じで前回の大ナゲシの時よりもひどい。これはなにかしら原因があるんだろう、検討はついたけど由々しき事態。

e0329049_19122873.jpg

またしてもコイツの世話になり結構な時間を掛けて根子の肩に到着。明らかに弱っている。這う這うの体とは今の自分みたいなのを言うんだろう。あんなに止まりながら登ってきたのも久しぶりだし膝もヤバいしでかなり落ち込むことに・・・

e0329049_19154385.jpg

反対側の稜線は雲の中。強烈な風でかなり寒い。フーディニを着込んで歩き出す。

e0329049_19201316.jpg

本来なら嬉々として走れるセクション。笹原が広がりコンディションもいい。そこをブツブツ言いながら走るどころか歩くのもキツい自分。なにやってんだか・・・

e0329049_19203789.jpg

e0329049_19205858.jpg

子根子岳。そこら中にかかってた雲も少しづつとれてきた。菅平が良く見える。北アとか頸城山塊とか見えるんだろうけど雲の中でダメだった。長い登りはもう終わりなんで岩陰で炭水化物をすべて投入し出発。

すぐ根子岳に着いたがさすがに大勢いたので少し離れたところでエマージェンシーキットを開ける。そう、膝がかなり悪い。幸い電波があったので腸脛靭帯のテーピングをチェックし実践、効果は微妙な所だけど気休めにはなる。

e0329049_19271227.jpg

今回かなり楽しみにしてた根子岳と四阿山のコルに広がる笹原。ここを走り抜けたかった!でも歩くしかできない歯痒さ・・・。実際は人が多くて走ることは出来ないところ。

e0329049_1931501.jpg

下から見上げるとかなりヤバい景色!しばらく眺めていく。なんかもうタイムとかどうでもいいので・・・

最後のピークにして百名山の四阿山に登っていく。下部はいいが上部が急登で下ってくるハイカーが異常に多い。どうせ調子悪いし譲りまくってゆっくりと。

e0329049_19364857.jpg

菅平からのトレイル合流付近から根子の肩が見える。一周系のトレイルは自分が通ってきたトレイルが一望出来て面白い。がっつり晴れてればなおさら。

山頂手前でウッドポールとさようなら。しばらくはポール持っていかないとダメだな~。

e0329049_19405893.jpg

e0329049_19411995.jpg

四阿山からの展望。地元の方まで見えて満足。やっぱり浅間山が近い。せっかくなのでしばらくゆっくりしてから出発。

e0329049_1944431.jpg

浦倉山までの稜線。なにやらとても走りやすそうな感じだけど・・・

e0329049_19453256.jpg

終始こんな感じで走って下さいと言ってるようなトレイル。おまけに人もいない。

腐るわ~マジで。自分の膝を恨めしく思う。ただ、ここまで来るころには多少の段差でさえ痛み出してきてたのでフラットなトレイルは不本意ながらありがたい。

なんとか浦倉山へ。これで痛みにやられながらも一周してきたことになる。あとは下るのみだ・・・けど今度は左膝にも違和感・・・!どうやら両膝に症状が出たらしい。でも両膝となるといよいよ原因がハッキリしてきた。

e0329049_19525124.jpg

なんとか野地平付近まで下ってくると草津白根の方が晴れてきれいだ。今、火山活動のレベルが一段階引き上げられ火口付近に近寄れない。個人的に芳ヶ平から湯釜~草津白根ってランで行こうとしてたから残念!早い段階で規制解除になることを期待。

最後の微妙な木道の段差に悶絶しつつなんとか帰って来れた。新潟の時の痛みが10だとしたら今回は右が6、左が3ってところだね。今日起きてみて思ったほど痛みが出なかったので少しホッとした。あれMAX症状出ると発狂するからね~ww

e0329049_19591159.png

約28kmで7:50って!遅いな~ダメだな~!腸脛靭帯炎がなければ四阿山からパルコールまでフルで走っただろうし、全体的にスピード上げられたから5時間台は堅いでしょう。まぁ今回はいちいち休憩時に一時停止させなかったので。それでも休憩時間はトータルで1時間は無いな。

e0329049_2051695.jpg

今回は仮想レースの予定で来たのでNB110。シューズとしてはやはりこれが優秀。でも膝への影響がどうなんだろう?ALTRAの時は出ないんだよな~。LONEPEAKの25.5cm買ってみようか。そうすれば解決するだろうw

ということで少なくとも今月いっぱいは普通のハイクを楽しむことにした。もちろん最初から最後までポール使って!とりあえず今週は天気がいいようなので鳳凰でも行ってきますか!
by gyalic_18000 | 2014-06-15 20:11 | 群馬の山 | Comments(0)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31