武尊スカイビュートレイル

e0329049_15104090.jpg
マラソン大嫌いな俺がまさかのトレランレース参戦へ。



なんでも経験!とはよく言ったもので、昔から長距離と言えば反吐が出るほどに嫌いだった俺がトレランのレースへ参戦。決心したのは7月くらいだったか?最初出るつもりだったレースがまさかの人気っぷりでエントリー出来ず、急遽地元で開催される武尊スカイビュートレイルのサイトを確認したらまだ空きがあるってことでこれにした。一緒に出るのはアクティブ道を地で行く団長ことI。

エントリーしたのは25kmの里山トレイルだが、過去最大で12km(高校時代のマラソン大会)しか走ったことないうえにブランクが長すぎるので、練習しようかな~とか考えていたが一切の練習無しで当日を迎えた。もちろんタバコも止めてない。大体、俺が住んでるとこは走るにはほんと~うに不便な場所なもんで。

レースの一週間前から「ど~しよ~ど~しよ~」状態になり、挙句の果てに当日朝方まで割と高めの熱が出ているという最悪な状態。もしかしたら棄権!?という考えも頭をよぎったが、Iの手前申し訳ないし起きたら熱は引いてたんでとりあえず走ることにした。

会場に着くと周りはみんな早そう!まさかビリになるのでは!?という心配をよそにスタートの時間が迫ってくる。アップで軽く走ってみると体調の割には体が軽い。そして緊張もそれほどしていない。10:00レーススタート!

写真とか一切撮ってないんで軽くはしょり気味で進めることにしよう。

スタートしてすぐはお決まりらしい中堅ランナーの大渋滞に飲みこまれる。一つ目の山を越えた辺りからばらけ始めたんで自分のペースで進む。途中、Iがスズメバチに首筋を刺され悶絶していた…。レース中何人も刺されたらしいが…。

アスファルトセクションはてんでダメ。まったくスピードに乗れず。こういう時は普段の走り込みの差が出るようだ。トレイルの登りに入ると、日頃のハイク仕込みのスピードでどんどん抜いていく。そして14km地点の最初のエイド。かなりの人数が休んでいたが時計を見るとまだ1:40しか経っていない。ちょっとスイッチ入ったんで3:00切りを密かに狙い、水、スポーツ飲料、コーラ、バナナを速攻チャージですぐ出発。

すぐに最高の谷底もとい地獄谷と言われる難所へ。あり得ない傾斜を下った後、同じだけ登り返すというとんでもない場所だったが俺には楽しいセクションだった。

そこからトレイル、アスファルトと繰り返して20km地点を過ぎた辺りで左のハムストが攣った!登りはほぼ終わってるんでごまかしながら走っていく。気付けば周りにランナーはいなくて俺一人快適なシングルトラックを走っていく。ちなみにこの時点で余裕はまったく無い。

最後の3kmのアスファルトランは本当につらく、ゴールが見えてるのに走れず、歩いているところを10人くらいに抜かれたんじゃないか。アスファルトは本当に嫌だ。

結局3:12でフィニッシュ。Iは2:52だったらしい。もっと差をつけられたと思ったがそうでもなかったらしい。

まぁ総括として、最初の渋滞を回避、かつ体調万全だったらギリギリ3:00切れたかもしれないが今となってはいい訳だろう。それでも半分よりは上の順位だったんじゃないだろうかと思う。楽しかったか?と言われれば楽しかったかな~と。ただ、これ以上距離を延ばすには練習が必要だろう。今の時点ではその気合は無いがレース自体にはまた出てもいいかなと思う。今度はもっと景色のいいレースに出てみたい。そしてレースはタバコを止めるきっかけにはなってくれなかったようだ…。
Commented by Sらい at 2013-10-01 00:15 x
岩に山に大忙しですね。今、双六岳の写真で一杯やらせてもらってます(^^)最高っすね♪
後で話し聞かせて下さいな。
by gyalic_18000 | 2013-09-30 15:44 | その他 | Comments(1)

軽めの道具で山を歩いたり走ったりする男のブログ


by gyalic_18000
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30